« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

無理っぽい

 ども、ども、ども。

今週末はスワントレーニングキャンプかと思っていたが、財政方面から無理という状況に。 来週末から、田沢湖、富士見2週連続、さのさか、白鳥、1週空いてまた白馬はスノーハープで、これに野沢温泉に手伝いに行くとするともうほとんど出っぱなしだ。

やばすぎだ。この前のJ1はDHエキスパートの決勝時に「もうマーシャルバイト、やらねぇ~」と思ったはずだがやらないとダメ鴨試練。 とりあえず、パノパト様にメールしておくかぁ

よって、今週末は近場でという事になりそうだのぉ。 試しておかないとあかん事とかあるし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

案の定>申込書

 ども、ども、ども。

もう6月もギリで末だ>本日 30日。  ランキングなんかより先に申込書の方をやっつけたほうが良いと書いたのに。 WEBの方もまだだったし。

これで申し込み期間は何週間?3週間くらいか。そのうちの最後の1週間はレイトフィーとか言ったりしたりする鴨試練。 厳しすぎないかえ? 

ひょっとして参加者を減らしたいのか?>JMA

 あまり良い感じではないな。 凝って作ってもあまり意味無いと思うが>申込書 (株)アップのが一番無難で分かりやすいと思うが。最低限の事だけでバッチグーではないかと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/29

どーする?今週末

 ども、ども、ども。

当然というか来週末の田沢湖に向けての練習なんだが。

自分の当初の予定では天気がよくないみたいなのでトレイルみたいな場所では走った後手入れがメンドクサイし大変そうなのであまり問題がなさそうなコードネーム「スワン」あたりにでも行こうかと思っていたのだが、某組を主とした軍団が松トレイルで練習するとか。先週ちょろっと単独で走っただけでも結構ダメージを与えてしまって、かえる前の周は掘ってしまった個所を埋めながらの走行だったのだが、はたして大丈夫でっしゃろかいな?と思う次第で。 自分がそっちの軍団に紛れこんで適当に手を入れながら走ればよいのだろうけど。 心拍的には追いこめるので練習にはなるだろうけど、スキル的には登りも下りも足りない感じがする>松トレイル<対田沢湖ならね

無難にスワンでトレーニングキャンプあたりかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

テレビといえば

 ども、ども、ども。

本日はここの日記に出ていたテレビに出られそうだったという話から。

日記ではエキストラで出てくださいというのを丁重のお断りしたというのだが、自分の場合は自分にきたインタビューをそっけなく「嫌です」の一言で却下したのだ。 

あれはいつのことだったっけ?2001年あたりのJシリーズは田沢湖。 土曜日の朝一の練習の時のお話だったりする。 まだDHはスポーツ。でも田沢湖に参戦している中では結構上位に居て、愛知からのエントリーだし、XCはエキスパートだしと興味はちょこっと引く要素はあった鴨試練。 今ならレース中でも終始余裕があったりするので断る事はないが、その時はまだまだ今みたいな状況に置かれていなかったというのもありのの、1本走って、ドロドロで、さて、失敗した所はどーするべ?タイヤこのままで行く?など色々と考え事をしながらドナドナ待ちの列に並んでいる所だったので、さくっと却下。

今ならレース中でも一言二言くらいなら受け答えできます。 だれか試してみる?<なんて書くとマジで来るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/28

まだ続いている>パワーブリーズ

 ども、ども、ども。

某所の日記でう○こネタが出ていたので対抗して<するなよっ

とりあえず表題に話を戻して、まだ続けているのだが>パワーブリーズ 楽に坂が登れるようになったとか売り文句には出ていたがそんな傾向はまったくなし。 でも継続しないとここまでの分が無駄になるのではと続けているのであった。 まあ、朝晩に30回だ。 やる場所は外国の言葉でいう所のれすとるぅむ<ってひらがな表記かよっ 日本語だとbennjo<ってこっちはローマ字表記かよっ あの空間が落ち着くのであった。 スーハースーハーの音もちょころびっと大きくなって暗黒面に捕われた感じもしたりして<体験した事ないくせに 

で、負荷を上げてきているのでハッキリ入って腹筋とかも総動員状態。20回を越えたあたりで胸を伝わる汗なんかも。 と、同時に来るのが便意。 鼻も摘んで空気を取り入れられるのは口だけなもんで。腹筋を使って、腹を膨らませるのか?あれ?引っ込めるのか?ごちゃごちゃになりつつも空気を~~。 ぶりぶり~~とか出ちゃう事もあり。

本体には負荷調整用に上級者用ラインと中級者用ラインと下級者用ラインの3本があるのだが自分はいまだに下級者より下までしか負荷をかけられない。上級者用で呼吸が出きる人ってどんな人?と思っていたりする。バネでワンウェイバルブの開く時の力加減を調整しているのだ。そのバネを縮めると上級に向かうと。 まだまだ先は長いっす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/27

コース内に


ども、ども、ども。

前の様な箇所を秘かにさのさかのコース内にとか思っていたりする
倒木がそんな位置にあればなぁ

道幅があれば巧くこなせる人とそうでない人と差がでるので
抜くポイントになるはず
と、こちらで思ってもそんな意図なんて考えないで走っているだろうから
あんまり意味無い鴨試練

ま、自分が走って楽しければそれでいっか
とも思ってみたりもして
A′みたいな箇所がないかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/26

こんなの有り?


ども、ども、ども。

松トレイルのある箇所だが
判りにくいけど
道は左に曲がるけどその手前になぜかあるコブ
バビューンと飛ぶと曲がれないのであった
気持ち下りなんだが手前で減速するか
無難な手だが自分的にはつまらないので
色々とトライ中
コブで飛ぶというよりコブを飛び越えるのが良さげか
もしくはコブを飛び出したら直ぐに前を落とすとか
まだまだ落とすにしても飛び越えるにしても着地のポイントが決まらず
っていうか距離とかも合わせられず
練習しないと
と思いつつもサッカーをTV観戦の為昼寝して
全く走らなかった日曜日050625_152101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/25

タイヤ


ども、ども、ども。

右のをテスト
細いけど必要にして十分なグリップ
前のよりしなやかですわ
若いタイヤだから
がれ場でも良かったしあとは対パンクだな050625_134301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/24

花の金曜日?

 ども、ども、ども。

もう死語ですな>表題 

本日、出勤すると「あんた、昼で帰れ」と言われたので「それじゃぁ、そうさせていただきます」と答えた。 昼前に「机に書類出してあるから書いて帰れよ」と再び念を押しに。「分かりました」 で、言われたとおりに書いて帰ってきたので、時間が予定外に出来てしまった。 

なので、ここ、雨の中の通勤だったので通勤バイクのチェーンをとりあえずメインに綺麗に。そこからいつものショップにゴー。タイヤとかシマノのスモールパーツを取りに行くべと車に乗ってキーを、ってあれ?バッテリーが上がっているじゃん。 仕方が無いので親の車と繋いでとりあえずエンジン始動。 ショップに行く前にジェームス(車のパーツ屋さん)へ。ここは外車用のバッテリーも置いてあるのだ。 これで2回目だし。 前回はパワーシートのスイッチ不良で直結されていて放電してしまったのだ。 さて今回はなんじゃらほい?

フルサスにくらくらした。だってシクロタイヤがすんなり付きそうなんだもん<ってそこかよっ

どうもパンク対策に決定的なのがなさそうなのでいっそのことフルサスなんてどない?ってな事。 でも重量は倍だよ>2.8kg 今のは1.4kg その辺も悩む所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末は東海地方でJ

 ども、ども、ども。

Jがあるので某ひげの人が来るらしい>焼き蛤を食べにだそうだが。

さて、日曜日はどーするべ? ちょろっと見に行く? ロードあたりで。 

だとしたら土曜日は松トレイル行っておかないと。 タイヤのテストとかもしたいし<違うシクロタイヤを買ったのだ。

実はひそかに今週末のJは参戦をちらっと考えていたのだが、やはりテクとマシンが無いということで止め。 全日本のもと思ったがそれも同様の理由で止め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やばいっす


ども、ども、ども。

プライドワンにあった
重量はU-1.1kgだそーだ
L'Arc〜en〜Cielってスンナリ出てきたよ>自分の携帯
アルカンシェルが泣かすぞ、おりゃ だが<って誰を?

これは無問題なんだが
なかなかなフルサスがあってそれにグラグラ

かなりヤバかった050624_170601.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/23

もう、いっか。

 ども、ども、ども。

本日もサドルの位置出しの為にいつものお山に。 でもやはり微妙に前のポジションが出ない。 なのでさくっと前の位置は諦めて新たに丁度良さげな所を探すのであった。 ついでにペダリングも変えてみる予定。 満天の湯での講義を参考にして。

まったく、昨日も今日も朝は雨で帰る頃、晴れていた。 雨だったら家に直行してビデオみてポテチを食べてとダラダラと過ごせたのに<って良くないじゃん

ここの所、心拍が上がらない。 その割りに楽に登れているかといえばそんな事はなくてタイム的には悪い。 なんででしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/22

ダメだぁこりゃ


ども、ども、ども。

なんかパソコンから書けないので携帯から

はっ、食後にモナ王と六花亭のバターサンドをいっちゃったのが原因か?<そんな事はないでしょ
DHな方もお見えになっているということで
なんか金鳥す<してないじゃん(早めに被せての突っ込み)

そーいえばとデポカップのリザルトをチラッと見た
同じコースを走ったビギナーのを
見てはダメだったね
ビギナーだったら3位だったよ
みんな良いマシンだったのに

プロビギナーも居たけどその方も(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/21

ここの並びを

 ども、ども、ども。

変更しました<って遅っ

理由はここを自分の携帯でも見られるようにする為だったりする。

これを入れてみたのだ。 携帯用のサイトでなくてもオッケーさぁ。  

元々携帯でPC用のサイトが見られるのがあるがあれはパケット定額とは別料金になるので経済的ではないのだがこれは定額の範囲に入るので料金を気にしないでWEBをうろうろしまくり。 白鳥の夜はこれやりすぎてしまったあるよ。 電池切れに注意しないと。

って、編集します。書き足りないがやという事で。

入れたのと変えたのとの因果関係が書かれておらんがね。 という事でjigはページの上から下に。また縦の列に分かれているのは左の列から右へという表示をするので、見たい本文が直ぐに出るようにするために、本文が左にくるようにしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏切り者のぉ~~

 ども、ども、ども。

名を受けたのはジョーダンらしい<F-1 USA GP ジョーダン=ロシア系の富豪所有のチームだす。買収したのだ。 ミッドランドというのが本当の名前。でも登録の時はまだジョーダンが所有していたので変更できずにそのまま、昔の名前で出ています状態

チーム的にはフェラーリ対残りのチームという図式になったらしいがジョーダンがフォーメーションLAPの後PITに戻らないでスタートする行動に出たので、タイヤにジョーダンやフェラーリと同じく問題の無いミナルディもスタートする事に。 たぶんレース中にミナルディのオーナーが怒っているとテレビで言っていたのはこの辺の事情なんでしょう。

アロンソとかがPITに戻ってから車からなかなか降りなかったのは他にも裏切る所がでるのではと警戒しての事だったの鴨試練。 

ミシュランVSブリジストン FIA&フェラーリ VS  GPWC系チーム に下位のジョーダンVSミナルディとドロドロの政治劇が展開されたみたいやね>USA GPのパドック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローディーって

 ども、ども、ども。

今日は帰りに猿投グリーンロードを訳有りでダンシングしていたら対向でローディーが。 さらっと挨拶をしてそのままぎなぎな登っていたら、なんか音が。自転車の音だがひょっとして昔、天皇に捨てられたペットの猿が?と思って<有得ないでしょうが 振りかえるとすれ違ったローディーでした。

「お願いします」と訳のわからない事を言っていたがそのままダンシング。 しばらくするとローディーが前に出た。アウター×ローだよ。ステッカーが貼ってあったのでそこらへんから話かける。「クエストって日進の方ですか?」と。「そうです」。「それにしてもすごいギヤを使いますね」  「コンパクトドライブで50×25だから楽です」 って楽とかっていう問題ではないと思うのだが、ローディーってそんなもん? まだ新品っぽいジャイアントのカーボンバックで服装もフル装備パール泉でした。こちとら仕事の帰りだがね。 でもパンツはレーパン

途中で後ろに回ってこそっとグリーンロードを降りてバイバイ。何度か後方を振り返っていたけど。こっちは帰る途中なんじゃぁ<ってなぜそこで切れる? そんな時はカルシウム?<って聞くなよっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツデポMTB大会

 ども、ども、ども。

まだこのネタを引っ張る。1週間は書きつづけられるはずだ<マジっすか?

6月18,19日にあった大会だが面白かったし、良かった。また機会があれば参加したいと思いました。 というのを前提にして色々と書きます。

まずはリザルト。2時間耐久ソロ男子のは怪しい。一度発表されたのが変更されたし。 ぶっちゃけ、自分のレース中の心拍計のデーターの標高のグラフをみるとコース内の最高地点がグラフでは20回通過している。 ちなみに自分の周回数はリザルト上では19周。

スタートの召集とかを担当していた人が社員だと思うが、お客様に接しているという感じでちょっと頼りないというか。例えば、DH2本目の時、スタート地点で選手から「速い人からのスタートではないのか」という事を強く言われる度に無線で連絡をとるというのはいかがな物かと。 おもわずフォローしようかと思ったあるよ。 

対して百戦錬磨なオーラが出捲くりだった受付嬢<嬢でいいよな?<ってそれは危険だ。 ちょっとこちらが普通でない事を言ってもさらりと対応してくれました。 このあたりはわたしゅうというのをあまり理解していないみたいでバレませんでした。 が、直後にS田さんに発見されてしまうのだが。 ちなみにMチーフも気が付かなかった模様。 えーぞ、えーぞ。でも誰か言っちゃったのかDHのゴールあたりでいきなり近くにお見えになって「耐久に出られたそうで、気が付きませんでした」とおっしゃっていました<って使い慣れていない感ばりばりな敬語だな。

耐久のマーシャルは声が出ていました。出すぎといってもよい鴨試練。 出ていない所との差が面白かった。 最終周回に声が出ていたマーシャルさん達には「お疲れ様~」と声をかけてみた。 するとちょうど後ろに居た選手も同じ事を思ったのか感じたのか同じようにマーシャルに「お疲れ様でした」と言っていました。 ちょっとよい感じだ。 この感じが拡大するともっと良いねぇ

さて、コースだが 耐久はキツイ。シングルは自分が楽しめる位だから初心者クラスの方々には恐怖感ばりばりだったのでは? 岩が一杯なのは仕方が無いのだけどね。 はっきりいってJのコースに欲しい位のシングルだ。 あと2本めの登り始め。 あそこは無理だべ、力かライン取りが出来ない人には。 もうちょっとその前の下りのスピードを利用できるようにすればよさげなんだが難しそう。なんせ斜面ですから。 その斜面を走るのも厳しかったみたいだ。 逆にスタートしてすぐに真っ直ぐ2本目の登りに入るようにして、下りは同じのを使って、最初に登ったのを2本目に、で、そこからシングルトラックへというのもあり鴨試練。  次にDHですが やはりネックはガレ場だね。あれが初心者や女子に恐怖感を与えている。 常設で初心者あたりをターゲットにしているのなら幅50cmくらいでもよいからきれいな路面にした方がよくなくない?水によって土が流れて岩が露出というパターンだろうから土が流れないようにそのラインだけ両脇に木とかで壁を作ったり水の流れを意図的に操作したりして。 書くだけなら簡単なんだよね。 機会があればやってもよいが<って書いて出来るのか?自分

あと、ヒルクライムというのもやってみるのもありかと思った。 ゴールをどちらにするかだが、クライマー的にはきっとゴンドラ降り場がよさげ。 あの最後の登りがえ゛~~と言いつつもチャレンジし甲斐がありそうだから。お帰りはゴンドラ(有料)か自走でどーぞくらいで

XCはLOOKのあたりから林間コースで使っている部分を開拓すればとりあえずはできそう。ただ、Jシリーズとかなると問題が昔話の山盛りのごはんみたく出てくるだろうけど。 スタート&ゴール地点をどこにするかだな。 スタート地点は周回コース外に設定してあとはゴールか。 義経の鳥居の前あたりにゴールかな。写真を撮るとウイングヒルズの建物がばっちり写るだろうし。 スタートはブースの中央あたりからでどない? 現実的ではないな。 延べ人数を増やすのならXC&DHなんだろうけど。 もしくはデポカップのシリーズ戦で一つは単独、もう一つはJのDH併催。もう一つでJのXC併催とかいう手もあるか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/20

19日は。

 ども、ども、ども。

DHです。8:30から試走開始という事で8:00くらいからえっちらえっちら登り始める。 田沢湖に向けた練習という事にしてRタイヤはシクロ用。30分以上かかってスタート地点に到着。 試走開始するがコースを覚えるというより路面の状態を見るのに集中。 まったくペースは上がらないが、最初のガレ場はなんとかこなしたが2つめのガレ場でやってきましたパンクタイム<だから要らないってば こんな事もあろうかとチューブとボンベを持参していたのだ。直してさらにペースを落として路面チェックを続ける。 やはりシクロタイヤではここはキツイ。耐久のときより圧は上げたのだがだめだったし。岩の角が結構鋭角なのよね。

こんどはXCタイヤで、というか前タイヤとお揃いのパイソンだ。 でもこれもかなり不安。 練習で林道下りでのパンクの確率は6割くらいだ<だめじゃん でもエアボリュームがあるし圧を上げ目でいけばなんとかなるかと再びえっちら登る。時間的に試走時間内にスタートまでいけそうに無いのでパンクしたガレ場エリアのちょっと上からざっくり流して練習終了。 さすがに走っている時は一発で判るらしい。一人だけライディングフォームが違うから。サドルの位置、高っ。ハンドル、低っ。ってなもんで。

DHは2回計測なので1回目はXCタイヤで2回目にシクロタイヤという予定でXCタイヤのまま上に登って行く。 スタートには既に選手が集まっていた。 自走で上がってきた自分を見ての反応は冷ややかな感じがした。 まじかよっ、有得ない、あたりが多めか。 まんまXCだったので(XCのメットにノーガード)DHを舐めているというのもあった鴨試練。

1本目はリジットクラスの最後にスタート。前走者との間隔は30秒だ。 スタートしてとりあえず漕ぎ倒す。コースは林道なので最速のラインをではなく路面の良い所を、あとやばそうな岩をチェックしながら漕ぎ倒す。暴れるXCマシンをねじ伏せつつガレ場に差し掛かる。なんとか状態の良い所をと思ったがスピードが出すぎていてよさげな路面をキープできなかったがパンクは間逃れた。斜面に丸太を渡してある個所で1ヒヤット。 中間過ぎのレストランLOOKで前走者に追い付く。 抜くのに手間取って抜いたのがゴンドラ下のストレート区間。途中にちょろっとコブが3つくらいあったと思ったがそこの2つめで2ヒヤット。なんてしているうちに自分より1分くらい前に出た人にもゲレンデに出る前あたりで追い付く。ゲレンデに出た直後で抜こうと行っていないラインに突っ込んだら転び、追い付いた2名に抜き返されてここまでの努力が水の・・・させるかぁーーーと復帰して漕ぎ倒す。ゴール直前のS字で2名が並んで普通のラインをトレースし始めたので強引に直線的なラインを選択。 加速そーち、かちっ。 鬼漕ぎで一気に2名をパスしてゴール。 この時点では5位のタイムでした。

2本目は1本目のタイムでスタートが決まる。しかもリバースなので後ろからお速い方々が4名も来るという事でシクロタイヤは封印。2本目もXCタイヤで。 にーみクンに負けたからまたまた自走でスタートまでゴー。今度は1本目の時とは見る目が違うような気が。スタッフの方からは「お疲れ様です」と言われるし、XCだよという声は聞こえたがそのあと別の声で、あれでめちゃくちゃ速いというのが。 いや~それほどでも~~ スタートの順番を並んで待っていると前の人が「追い付いたら声をかけてください」と謙遜して言ってきた。「30秒ありますから大丈夫ですよ」と答える自分。「その足の怪我は?」と聞いてくる前走者。「1本目の時やっちゃいました」と言っておく自分。「転んで俺より速いのか、追い付かれそうだな」と弱気になったのかプレッシャーを与えてしまったのか判らないけど、とりあえず頑張ってくれたまえ。抜くという作業は面倒だから<ってXCの練習だろ?

2本目も路面をみつつだが、今回はガレ場の位置がかなり細かく判っているし、走るラインもだいたいみつけてあったので無難にこなす。が、丸太で1ヒヤット、ゴンドラ下のストレートのコブで2ヒヤット、相変わらずだ。でもゲレンデにでる所は慎重に。しかし声援があったので調子に乗ってまた似たようなラインに。今度は転ばずにクリア。 あとは漕ぎ倒してゴール。1本目が4分44秒くらいだった(はず)から30秒くらいかなぁ、と思ったらギリギリ21秒。2本目だけだと3位のタイムで終了。

結果。4位 3位との差、0.2秒弱。 2本目の最後は漕ぎ倒すのではなく鬼漕ぎだったな。

白鳥はXCの練習にもかなり使える。林道登りなんか特に。さのさか対策にどない?>にーみクン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

18日は。

 ども、ども、ども。

なんか懐かしい感がする表題だな。

だらだらと書くので読み飛ばしてくださいまし。特に内容はないよ~~<よしなさいってば  土曜日の2時過ぎくらいに帰宅。WEBをうろうろして出発と思ったが家で仮眠するか現地に行って仮眠するかの選択だったが家でをチョイス。 7時くらいに出発。 途中、買いだしをしてから現地入り。 ちょろっとDHコースなんぞ試走と思っていたが駐車スペースを探していたらにーみクンとnabiちゃんにロックオンされ、その近くに駐車して気分はすっかり耐久モード。 DHの試走は止めて耐久とXCTTのコースを試走。 本日は目立たないようにという感じの予定だったがJの時もいらっしゃった受付嬢軍団はさっくりとクリアできたが、直ぐにS田さんに発見される。 なんで判ったのやら? XCTTの時もスタート地点あたりに居たらオカッピに「なにしているの?」 なんで判ったのやら?

XCTTはアップのつもりで走れるだけ走る。何回でもアタックできるのだが複数回走る人が案の定少なくて3本走ったが3本目は2本目の後、あまり間隔あかず。 常に誰かがアタックしていないと&耐久の参加者がちょっと興味を示しているという勝手な考えもあったりして。 結構滑る事をこのXCTTで確認。2本目がベストタイムのはずだったのに(しくしく)

耐久は2時間。JのXCと一緒だとスタートする。しばらくすると視界にARAIのエリート様が常にいらっしゃるので目標に走る。 んがしかし、1時間を越えたあたりで限界が。 暑い。とにかく暑い。 おもわずオフィシャルフィードはどこ?状態<ってないから。 ARIAIのエリート様は奥様のパーフェクトなサポートを受けていらっしゃっるようでした。 洗車場に直行して水をかぶり、飲み、ボトルに入れて 再び走り始める。 遅れた分を取り戻そうとゲレンデ下りを攻め始めたら、やってきましたパンクタイム<来なくてもよいのにぃ  そんなのが来る予感はあったのだがそれを全面的に受け入れられず、チューブとボンベはPITに置いてあったのが失敗。PIT INして修理。そしてゴー。 なんか変速の調子が悪くなった。 例のRエンド保護パーツの影響か?へんな付き方をしていたの鴨試練

するとまた視界にARAIのエリート様がいらっしゃったので再び目標とさせていただき残りを走りきったのでした。 で、結果はこれまた想定内のぎりぎり入賞せずだった。リザルトは怪しいけど<ってまだ言うのかよっ にーみクンに7秒差で負けたのがあかん。 こりゃ、19日のDHは自走でアップ決定だ。 表彰式はケータイカメラマンになりカシャカシャと。 その後、満天の湯に行き、そこでむとう塾開講。 にーみクン「もっと踏む練習しないとダメですかね?」 先生「回転力を付ける方がいいよ、100回転くらいで練習すれば?」 にーみクンは登りになると速攻でインナー×ロー信者だそーだ。

入賞された3名は祝勝会に。それを見送って戻り、仮眠を取ってから反省会。 こんな時は肉だ。反省会なのでブタだけど<って来る前に買ったのに 骨付きカルビにタンにホホ。それにモヤシを突っ込んで頂きました。 プリンも2個ほど<nabiちゃんにはとても言えなかったけど。がんばってね>ソフトクリーム断ち(1ヶ月経過らしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いーのか?F-1

 ども、ども、ども。

まずはF-1ネタから。

今回のUSAのGP。諸悪の根源はミシュランタイヤなのは間違いないっ。 使えないタイヤばっかり持ちこんだのだから。 FIAはルールを盾にことごとくミシュランの提案を却下した結果になったのね。 

チームはドライバーの安全第一とか言っているが、ちょい前のヨーロッパGPではライコネンのタイヤがやばくてもそのまま走らせて勝ちを狙いにいったくせに。

FIAと仲がよいフェラーリだけがトップチームでは走ったという結果だ。 FIAとは2008年からの事で揉めているグループはボイコットと。

今後、どうなるやら。 一応出ているFIAからの2008年の規則ではタイヤをワンメイクにとあるがこれではミシュランはだめやね。 安全性に振ったタイヤをなぜレースウィーク前から用意していないのか? いままではなんとかなっていたがここに来て予想を越えるダメージにタイヤが対応できなくなっているみたい。 シーズン前からこのくらいの事態は各チームとも予想できただろーに、ミシュランに頼りすぎたんでないかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果は


ども、ども、ども。

デポカップのは
耐久が7位
その前に行われたショートXCTTが5位(だったはず)
DHがリジットクラスで4位でなんとか入賞
記録よりも記憶ということでXCマシンで出走

しか〜も今回はゴンドラに1度も乗らず(スンマセン)
スタートに着くと周りの人は変態を見るような目だった。特に1本目は

2本目の時は違っていたけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終了その2


ども、ども、ども。

他にもバリバリのエリート様が
勝った及川選手と2位の河合のアニキと4位の大島選手あたりは巧く撮れなかった
ってほとんどやん
写真は5位の赤堀選手050619_141101.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まじっすか?F-1


ども、ども、ども。

タイヤで揉めているみたいね
ミシュランタイヤが10周以上持たないとの事
ミシュランユーザーチームとFIAとでなかなか合意にならなかったみたいね

スタートにはBSユーザーのみに
フェラーリとジョーダンとミナルディの6台でレースがスタートしてしまったあるよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/19

こんなのが


ども、ども、ども。

写真のがウイングヒルズ白鳥のゲレンデ右の方に出来ていました
大河ドラマの便乗ですね
源義経が確実に歩いたルートがスキー場内にあるそーだ050619_141701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終了


ども、ども、ども。

ここで1本め転びました

そこを事もなげにこなす
自分のDHの(勝手に)師匠、河合アッキーさん
このあと一気に大雨に050619_141301.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日のデポカップ


ども、ども、ども。

DHです。快晴です。暑いです。

試走に行ったがパンクしました

とりあえずXCタイヤで1本

午後からまたシクロタイヤでチャレンジしようかと050619_100701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/18

またまた


ども、ども、ども。

何がと言えば本日のレース
またまたパンクしちゃいました
ゲレンデを登っては下ってまた登って
と言うのをホント、縫う様なレイアウトなんだが
2つめの登り向かって下りはかなりノーブレーキ
そんな区間が1時間を経過したあたりで岩がライン上に
かわしたつもりで登りに
すると聴き慣れた感じの音がシューシューと後ろから
一応想定はしていたが
やってしまう区間が想定ではコース後半のシングルトラックだったので
パンク修理キットはピット

テンション落ちまくりで押していたら
これまた想定内の組長が後ろからやってきた
さらに最初にかわしたK山さんとかに抜かれまくり
戻ってチューブを交換してレースに復帰したが
変速不良になってペース上がらず

結果は6位と7秒差でした
なんかリザルトは怪しい感じだけど
抜いた記憶がある若いのが3位になるリザルトに表彰中に差しかえられた
5位になった人もアイツは千切ってやったのにと言っていたし
エリート並の走りではなかった
15才で出せるリザルトではないなぁ
出せるのならかなり名前が知れ渡っているはずだ

こう言うのはリザルトを出したらバシッと
クレームは受け付けないという姿勢でいかないと
例えば20周というリザルトに対して21周回ったと言ってきたら
何番の後ろで21回ゴールラインを通過したかとか聞けば良いだろーに
それが出来ていれば考慮の余地ありだが
出来なければ門前払いで良いだろーに
審判がこれで決定と言えばそれが公式な大会としての結果なんだよ
って言うのを出さないと
Jでも抗議の項目が削除されたのはそんな所があると思う
ハンドが審判に見つからずゴールしたマラドーナの神の手みたく
審判に絶対的な権限を与える方向なのだろう
それにはジャッジの精度を上げないと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デポカップその2


ども、ども、ども。

女子ソロではnabiちゃんが2位に

やっぱみんなすごい

そのすごい方々はお風呂のあと、帰る途中で祝勝会だそーだ。
焼肉食べ放題を若干1名希望していたみたいだが
nabiちゃんのゲットした商品でXLのグローブは使えないと言う事で
サクッといただきました
おありがとうございました
また 干からびないでね とスポーツドリンクやゼリーもいただきました

これまたおありがとうございました050618_165301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デポカップ


ども、ども、ども。

2時間耐久は終了
武藤組長がソロで勝ちました
5位に某社のK山さんが
6位にN美さんがはいりました
みんなすごい050618_165101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予定通りに

 ども、ども、ども。

週末のデポカップ。参加受理証の件で問い合わせ完了。 リストから漏れていたらしい。 早速、入力しておきますから、と担当の方がおっしゃった。 ぐぽ~ん<モノアイ点灯音  だったら、ショートXCTTに追加でエントリーってお願いとかできますかね?とか聞いてみた。2秒ほど間があったが できますよ、との返事。 

話がこじれるとあれなんで○かっぴとかS田さんの名前は出さなかった。

このあと、しばらくしたら郡上市に向けてゴーの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

ようやくWEBに今年のランキング等が出た

 ども、ども、ども。

出ましたね。ようやくなんとかなったのか>○ボケシステム(そう呼ばれている管理ソフト)

JMAのHPも右横の部分に一気に、富士見までのが新着情報という事で纏まって出てます。あそこでの掲示板でのやり取りが効いたのか、責任をJCFに持っていく流れにどこかから手がまわったとか<それはないでしょう

大会の間隔が空いている今の時期がチャンスだったからねぇ

でも個人的にはそれよりもさのさかの申込書をと思ったりもする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 いかんがや

 ども、ども、ども。

スドーマンの日記を横の人気ブログランキングで上位に押しやろうという作戦を勝手に立てて実行。スドーマンのところに行くたびにぽちっとやっていた。さすればここがその分落ちるはず。この辺は予定とおりに進んでいるのだが、いつのまにかすぐ下にはDH系ではメジャーなBLOGが。 たしかもっと上の方にいたよーな記憶が。 ってあまり他の所の事は言えなかったりするが。 一時は2位くらいに居たし>ここは。

ジャンル別で変な分け方をしてあるので横のをぽちっとやっても自転車のランキングに行くとは限らないわけで。 

あんまり目立つのもなぁという感あり。 理想は見て欲しい層だけ来ていただければなんだが<どこらへんなんだ?その層とやらは

今週末は白鳥でちょろっとWINの繋がり具合を確認に。 アンテナが立つようであれば8月のDHを上手く仕事を調整して(以下略。)

田沢湖はなんかauのエリアマップをみたら圏内っぽい。拡大できなかったからっぽいなんだが。 FOMAの時は駅のあたりでないとダメだったが<って何年前の話だよっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかしい

 ども、ども、ども。

今週末は白鳥でデポカップという事は何回目かな? くらい書いたけどこれは自分的には今年はまだ泥レースをやっていないので田沢湖の前にちょろっと走って慣れておこうという狙いがあったのだ。 が、天気予報は土日に雨マークなし。 ってどゆこと?梅雨入りしたでしょ、ほぼ間違いなく。

参加受理証の件はまだ担当とすれ違いになっていて連絡できず。 担当者が現地に入っているんだと。って当たり前か。今日の昼ぐらいに電話してみるべ。

ふと気になったのは耐久は走らせてやるから日曜日は手伝えと、自分の事に気が付いた○かっぴとか○田さんあたりに策略?<っていうか前者が伏せきれていないぞ という考えが仕事中ぐるぐる。 参加費を返却してくれるのならやっても良いけど。 ウエットではないのなら狙った練習にならないからねぇ

| | コメント (0)

2005/06/16

未確認生物

 ども、ども、ども。

名古屋と豊田の間に生息しているのだがその都市に挟まれているためか結構自然があったりする。 昨日、そうライトのバルブが切れた日の帰り。なんか遠くに動く生物がいるな~と。最初は大きめのネズミかと思った。すぐ横にドブ川が流れていてそのへんをうろうろしているし。でも寄って行くと違う。耳が上三角だ。 猫?にしては小さい。手のひらサイズだ。動きも子猫にしては、と思った瞬間ミ゛ャーミ゛ャーと鳴いたと同じくらいに素早くダッシュ。 なんとドブ川にダイブしてしまった。躊躇なく飛んだみたいだがかなり川の水面は低いけど、あの生物は生き残る事ができるか?

その翌日はライトを復活させて走っていたら歩道の横幅一杯くらいの体長のフェレットというかイタチというかカワウソは絶滅したんだっけ? そんな感じのがへこへこ歩いていた。 こいつは普通に歩いていた。こちらに気が付いて居ないのか特にダッシュとかはなかった。

昼間は通勤路には少なくとも2ツガイの雉がいる。まったくめずらしくないのであった。 雉って美味いのかな?とか考えてしまうくらい。

美味いのかなといえば、工場の近くにアフラックもいる<って違うだろっ<そうですアヒルです。 前は2羽いたがそのうち1羽になり最近、見かけなくなった。 どっかで北京ダックにされたかな? ちなみに、自分の携帯、メールを送ると画面でドナルドダックがスケボーやり始めます。

極めつけは夜ふらふらと走っているといきなりイノシシが飛び出して来る事もあり<ってそれはお山でナイトライド中のことやん。

こんな事が万博会場から10km圏内で起こっていたりする。 そんだけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参加受理証が

 ども、ども、ども。

今週末のデポカップのが着た。

のは良いのだが、チェックが1箇所しか入っていないではないか(ぷんぷん)<ってさとう珠緒かよっ 8000円も送金したっちゅーのに。 がーがー言って、ついでにショートXCTTにも出させてよとか言ってみるか<無理だからよしなさいって<でも耐久に出る人は参加費無料じゃん<とりあえず言うだけ言ってみるか。あひるみたくがーがーではなく下からお願いする感じで

シリーズ戦なんだが2戦目は全日本とバッティング。まあ前から同じ日にやっているのだが今年は月曜日にDH&耐久ってどーよ?DHだけにして、耐久を日曜日とかにしてくれればちょろっと出れたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/15

恐怖の7月

 ども、ども、ども。

7月の2,3日は平和に過ごせそうだが、と言っても翌週のレースに備えて走ったりするからさほど平和ではない鴨試練。

その後は怒涛のレースな週末がやってくる。 まずは田沢湖。自分的にはこれがメインだったりする。翌週は富士見で全日本。Jの富士見では不完全燃焼だったのでその分走るのであった。次の週も富士見でこんどはお気楽(なはず)のシマノバイカーズフェスティバル。その次がJのさのさかで次が白鳥と5週間連続だ。しかも後半の2つはスタッフサイドに回るので適当に何していかないと<何ってなに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう最悪ぅ

 ども、ども、ども。

なにがかといえばJMAの掲示板。

できるだけ出ない方向で行こうと思っているのだが、そうすると、待っているのにとか遅いとか言われちゃうし。出たら火消し登場とか神降臨とか言う人もいるしで、いやんいやん。

こっちに書く時間がどんどん減るがや。 これくらいで一つは締めておくべ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/14

また切れた

 ども、ども、ども。

何がかといえば、シマノのハブダイナモのライトのバルブ。

使い始めて1年半。今回で3回目だ。 切れやすいというクレームが多数入ったみたいで対策したというバルブのはずなんだが。1つあたり平均6ヶ月しか持っていないというのはどゆこと? まあ、最初の1つがめっちゃ速攻で切れたから対策品はぼちぼち持ってはいるが数ヶ月という所止まりだな。

ひょっとして、ハブダイナモ自体に問題でもあるのだろうか?といっても切れる時。使っているのは普通のハブダイナモだ。リムは700Cだし。 初期型特有のなんぞあるの鴨試練

次に付けるバルブ、あったはずだがどこにやったっけかな?<っていくつ持っているんだよっ 

今度はちょっと真面目にデータを取ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違ったみたい

 ども、ども、ども。

先週の月曜日、仕事の後に走ったら調子がよかったと書いた。ひょっとしてパワーブリーズ効果?とも書いたがどうやら違ったようだ。

月曜日に仕事の前に同じルートを走ったがダメでした。タイム的にはちょっと遅いくらいだったけど、心拍は上がり捲くり。170くらいまでぶいーんぶいーん上がりました。FZ250フェザーみたく軽く吹けあがったあるよ<って例えが古すぎ。

先週のは日曜日に合わせていた体調のピークがまだ残っていたとみるのがよさげでしょう。レースも半分くらいで不完全燃焼だったし。

で、ちょうど同じルートをひさしぶりにロードで走ったという知り合いの日記を発見。 タイムをみて愕然。スタート地点がちょっと違うけどそれをだいたい合わせても3分以上自分より速い。その辺からターゲットタイムを設定して走ってみたがダメ。1分遅い。 毎日の様に乗っている自分が久しぶりに乗った人のタイムに追いつかないなんて。 やっぱ登りはダメね>自分 

デポカップでは長い登りの練習だぁ~。 クレームがついて出来ない鴨試練けど。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どーも気になっている

 ども、ども、ども。

このネタはごく一部の人しか分からないと思うけど書いちゃうのであった。

昔、一緒にJの遠征に行っていたSやんがJの富士見の時、こちとら寒さに震えながらマーシャルをしている時に結婚式を挙げたそうだ。 で、それに出席した某女史が日記に書いている事で引っかかっている所があったりする。

日記にはいきなりスピーチが回ってきたのでSやんが昔言った名言「おまえに乗るより自転車に乗る方が楽しい」と前の彼女に言って別れた、というのを喋りたかったができなかった。 と書いているのだが、私の記憶が確かならそんな「楽しい」、つまりファンライド的な事を理由にしたのではなくもっと、競技者というかレーサーとしてあの頃は強かったのねぇと思えるお言葉を彼女に言い放ったはず。

と、思ってずっと思い出そうとしていたのだが、ようやく出てきたあるよ。猿投山で心拍が170を越えたくらいの時に。 たしかこんなんだった。

おまえに乗ってもお立ち台には乗れない

勝ちに行く走りで行きますか。凄いっすねぇ。お立ち台なんて自分には無縁ですよ。とか思ったんだよなぁ。 当時はチームのエースだったからなぁ 今はどーか知らないけど、この前の箱館山では自分と同じ位で斬られていたから落ちてきているみたいね。 だもんで楽しいなんていう風にセリフが変えられてしまうの鴨試練。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

F−1カナダGP


ども、ども、ども。

久しぶりにあんなレースを観た気がする
有力な車が次々と消えて行く展開

基本的に紅い車が嫌いでヤルノが3位を走行中に止まった時は
思わずガッツポーズ
また社内報でヤルノやりました。今度は勝ちます。
みたいな記事が出ちゃうかと桃色吐息だったからねぇ<青色だろっ

紅いのが嫌いと書いたが
なぜか2台ともボディウムゲットしたフェラーリはなんか良かったと思ってしまった
最近弱くなったからだな、きっと
だって今年めっちゃ強いDoCoMoやマイルドセブンのJTがスポンサードしているルノーが止まった時も
ガッツポーズが
ルノーの代表ブリアトーレが面白くなさそうに水を口に含んだ映像に
けけけけけけけけけけけけけけけけけけけけ<多いよ<って言うか遅いっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

松トレイル走行


ども、ども、ども。

前にアップしたパーツとタイヤのテストで松トレイル走行してきた
自分的には良いコンディションでした

相変わらずシクロ用タイヤだったが
ここの登りも普通に登ったし

でもここの前の区間で苦戦しました
自分は木に当たった位だが派手に落車した人も数名
一応迂回ルートを設定したが
入り口が意識していないと、と言うか集中していないと入れないみたいでした
最終走行で入れたのは自分だけだもんね〜<自慢かよっ050612_100401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

来てます?


ども、ども、ども。

本日の中日新聞のいつもはテレビ欄の所に出ていた全面広告
パワーブリーズが出ているではあ〜りませんか
緑のヤツなので一般用だが

効果が出る前に耳あたりにトラブルが出やすいと思うが

まだちょっと違和感あり050612_140701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のテスト


ども、ども、ども。

昨日ショップから使ってみてと言われたパーツ
リヤディレイラー補強パーツ
ホイールの脱着に手間はかかるが
変速はスパスパ決まる050612_091001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/11

富士見クロカン写真

ども、ども、ども。

送信されていなかったのを

まずはこれ

宇田川050605_123402.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくある話で


ども、ども、ども。

ぼちぼちと車の中をごそごそしていたら
今頃になってシクロ用のチューブが出てきた

感想が表題なんだが

見つかるのが1週遅いっ<と言うか見つけるのがだろうに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

富士見のお話外伝

 ども、ども、ども。

まだひっぱったりする。

今回、走るラインで迷ったのはゲレンデ向かって右の斜面。 普通はあんな上にコーステープを張らないでしょう。 でも張ってあるということはあそこを使うと速く走れるのか? と思い、何度かトライしてみた。斜面の上部をキープできればよさげな感じがしたがそんなテクは自分にはなく、2度ほど試したが転びました。 で、結局、斜面の下部でしかも下りの終わり近くにちょろっと乗って方向転換に気持ち使う程度が無難な所という結論に。 インを攻めたかったが、あの段差はちょっとねぇ。着地した後スペースが無いので飛べないか。

全日本の時はコースを変えるとコミッセールは言っていたがどー変わるのやら。 個人的には、やはりゴンドラ下のルートを復活させて欲しい。 で、センターゲレンデの上のちょっとぐるっと回るのを止めて。 ゴンドラ下まで登って、下ってそこからハーフパイプに入れればいいじゃんと思うのでした。ハーフパイプ横の登りは賛否両論あるだろうけど。 抜いたとしたらハーフパイプの後下った林道を登ってそこから一度リフト下に出てという感じになるのがよいのか?でもリフト下の登りでも最後のドロップオフ前で混むのは必至だな。 ハーフパイプの登りはあれで結構集団を絞れるのがよさげなんだな。 今回みたくその手前でちょこっと脚を使わせて整列させると効果覿面<ってこんな字なのか?てきめん

そーいえば、今回のコミッセールに去年「もうこれで最後。引退します」とおっしゃっていた方がいらっしゃった。ここを見ていないそーなので書きたい放題書けるのぉ~。とか思っていると見に来ていたりするから止めておくか。 でも、さらっと毒を吐いてみたりして。 今回は停めなかったですな。何をかという当たりは伏せておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のセール

 ども、ども、ども。

注文した物が来た。 思ったより時間がかかったなぁ。 たぶんチームジャージあたりが原因だろう。 ジタンのを頼んだのだが結局キャンセルに。 お店から「デザインが変更になったのですが、HPで確認してください」という内容のメールが来たので見に行ったら購入のポイントとなった自分的にはありえない文字「必勝」が無くなっていたのでやめ。 赤いパンツがポイントと言われたので赤い赤い赤いパンツに変更。ついでにスーパーチューブを3本頼んでみたが来たのは1本だけだった_| ̄|○ 700cの35~というちょっと特殊な奴だったので近所の店には無いだろうと思っての注文だったのに。

他にはタイミング遅すぎなアームウォーマーとか格安チューブにペプシのボトル(久しぶりにボトルを買った)FOXの短パン。 もう買う物がないね>群馬のT

とか言っておいて年末に福袋を注文とかしちゃったりするんだろーなー<するに1000ベリー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年、初の

 ども、ども、ども。

草レースにエントリー。デポカップだ。ここには数回行ったけどレースに出たことがないのだ。 たまには出てみるかというのを田沢湖対策練習でもやろうかなと画策しての参戦。出るのは2時間耐久(土曜日)とDH(日曜日)。 メインはDHで主に黒森山対策やね。 結構あそこで遠慮してしまうもんで<ってまじっすか? つい前に出るというより楽しく下る風になってしまうもんで。 

今週末は天気が今一歩みたいだ。 ひそかに雨のタイヤはどーするべ?状態なのでテストをするのには丁度良いのだが走る場所が。。。。松か岳あたりか。

リッチーのメガバイトは泥掃けがよくないからダメだろうけど、もうひとつ35のタイヤをチェックしたい所。シュワルベの奴なんだが。 あとついでにミシュランのマッド。これは大体判ってはいるのだが<あまり使えない。 去年の仙台はシクロ車で後ろはこれだった

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/09

富士見のお話α

 ども、ども、ども。

まだ引っ張るのであった。

エリートのレース中は結構コースをうろうろ。スタート前に召集された上位陣をさくっと撮って送信。つぎはここしかないと思ったハーフパイプ横の登りに陣取る。しかし、操作を誤って堂城のスタートダッシュを消してしまった。しゃーないと撮ったのが辻浦だったりする。 その後は80%の所に行って暇そうなコミッセールの方々に挨拶してからその付近で撮影しては送信。 じきにその絵に飽きてこんどはリフト下の登りに移動。撮影して送信するがなんか遅い。 なのでまた戻って80%とチームフィードとバックストレート(登りのシングルに向かうあたり)で白熱していたトップ3を撮っては送信しまくった。

一般クラスに知り合いが出走していたので観戦。 しかしこの戦いが終わった感が支配している所を走らせるっていうのはどーなのよ?さっきまでとの温度差がありすぎな気がした。特に長野はレースが数多くあるので地元の人が出るという事はないのでちょっと考えた方がよいと思った。 参加者も少なかったし。

そこでまた「BLOG見ています」と声がかかった。すずひろさん?わたしゅうさん?と言っておられたのでとりあえず声をかけてみました的だったみたいだが。ここの隊長さんだそーだ。 その後寄った温泉でもばったり会い裸の付き合い(仮)となるのでした<(仮)ってなんだよっ

またそこの温泉でチーム、コメンサル4(こめんさるよ~んと読む)<って勝手に名づけるな とも会う。面子はN美くんmasさん、足とボトルは前に登場したツルタさんに紅一点のnabiちゃん。nabiちゃんは帰り間際に弄ばれていました。 車に乗るタイミングが悪かったみたいねぇ~。 自分もよくやった<ってやる方かよっ ちなみにあそこから飯田ICまで2時間でしたよ。飯田から家までも2時間だった。ぼちぼちやね

長野は近い。途中でガソリンを補給することなく往復できちゃうからねぇ。R19を使うともっとあれなんだがちょっとやばい気がしたので止めました。R19でデカイトラックの後ろをドラフティングしながら走ると燃費がめっちゃ良くなるのだが。。。。怖いけど

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/06/08

パワーブリーズ効果?

 ども、ども、ども。

表題のを使い始めて1週間以上たった。2週間くらいで効果がでるらしいが。 月火と仕事の後走るのをやめて直帰だったが水曜日はちょこっと走ってみた。 場所はいつものお山。といってもロードですから、残念<って何が?

登り始めは普通だったがどうも心拍数の上がり方が違う。あまり急激に上がらない。 ちょっと呼吸が楽な気もするし。途中でのタイムをみていたが序盤はちょこっと速いかなくらいだったが後半のポイントでは今年最高タイムが出ている。結果は過去最高に近いタイム仕事の後なのに、なんで? ちょっと乗り方を変えてみたのが効いている鴨試練。 後ろ乗り一辺倒だったのを前乗りも取り入れるようにしたのだ。

下って反対側からも登る。こちらはちょっと良い感じだったが後半足れてタイムは平凡な物に。 下っている時にいつもの違う感じを発見。心拍の落ち方が早いのだ。 150以上あったのが下って1分もたたないくらいで105と50拍も落ちるのだ。 いままでだと考えられ無い。そういえば朝もちょっと低めだし、乗り始めも低めだ。だいたい10拍から15拍くらい。

表題のは取り説とおりに1回30呼吸を1日2回やっているだけなんだが。 負荷はまだまだ軽めな方で幾らでも負荷はあげられまっせ状態。 若干右の鼓膜あたりに違和感が出ているのだが。 今のところそう大きな問題には成らなそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見のお話

 ども、ども、ども。

適当に書いて、持たせるのであった。

レース中編

スタート直後、ハーフパイプ手前のちょこっと下る所でお隣に居た選手とかるく接触。 おっとミノールさんではないですか。え?アップなしですか?ここでそれは厳しいのでは?でも30位以内とは、さすが元エリート様。

最初のオフィシャルフィードあたりで「わたしゅうさん、BLOG見ていますよ」という恐怖の呪文が。「1周目からかよっ」と叫ぶと前に居たのがBLOGの女王の現役の後輩君。去年のモヤヒルズで唯一、BLOG見ていますと声をかけてくれた方がちらっとこちらを向いて「あ、わたしゅうさん」 ってダブル攻撃ですか。 一気にレース戦闘モードがフリーフォールの様に落下。幸いそのあと直ぐの下りは試走中から攻めあぐねていた個所なのでDHerなスイッチがぽちっと入ってなんとかテンションを持ちなおしたのでした。

ギアがあまりまくった。とりあえず、フロントのアウターはいらねぇ~だった。って皆さんそうですか? あとBコースへ入る前の激坂登りでインナー×ローを使ったけどローでなくてもよさげだった。インナーがあればローはもうちょっと小さくてもよさげだったかな(ローは32T)すげーなー>シクロタイヤ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/07

富士見の迫力満点の画像

 ども、ども、ども。

表題のがすずひろさん撮影のぐっじょぶなショットがこれ。 

どーすっか?どーっすか?  プレスとか他にカメラを持った人が他にいなかったらしい。嗅覚がするどいね>すずひろさん。 やっぱXCエリート男子の迫力は最初の登りだと強く思ったのでした。 それも直登だとグー。さらに今回みたく曲がってから登ってくる絵だとばっちぐー。かなりのエリート様が写っているんでないかい?

ちなみに月曜日は来訪者数、過去最高でした。 うれしいやら、他に行くところないの?と思うやら。。。。あ、やっぱ超~嬉しいにしておこう。 訪れた方々おありがとうございました&富士見の大会お疲れ様でした(たぶんほとんどが参加者ではないかと予想)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/06/06

裏的なお話でも

 ども、ども、ども。

次の田沢湖まで1ヶ月もあるのでちょこちょこと。

リザルトが出るのが遅かったが、何故か? 一般クラスのレース中にだね、エキスパートの80%カットの照らし合わせをしていたからねぇ。出てきたリザルトとカットした時の資料とを見比べていた。 自分が帰る時になってようやく張り出されていました。16時30分くらいかな?

MCが(株)アップのレースなのにいつもの人ではなかったねぇ。普通の人的に感じたわかりやすい変わった点ではないかと。 実はあのI氏は名前を間違う事が多いのだ。それもここ一番という所で。おととしの白鳥DHでもやらかし、去年の全日本でもアンカーチームの名前を間違えたという噂を耳に。 今回もエキスパートのレース中に5周のレースで3周から4周めに入ったあたりなのに「ファイナルラップに突入」<って誰が? と思わず突っ込みを口に出したら、周りにいた選手も「まだ3周だよね」「自分で数えないといかんな」など緊急ミーティングを開催。 自分はその直後にパンクしたのだが、修理中に訂正を入れていました。  なので、エリート男子の召集開始ちょっと前に「間違うと評判悪くなりますよ~」と言ってみた。顔見知りなのでできた事だが。 結果。雷太と辻浦を判別して間違う事もなく、熱戦に水を差す事もなくお仕事、完了していました。

DHのスタートが遅れたのはキレたせいらしい。  自分も途中で雨が降ってきて、寒くてキレながらマーシャルやっていたけど。 木陰に入れればよいのだがそんな事ができない所だったもんで。ゴンドラの真下にいたのでした<丸太ジャンプ

コーステープはどこが張ったのか聞かなかったけどちょっと変わった。 去年はもっとルートを選べるようにコーステープが張ってあったが今年はかなり制限されていた。 分かりやすい所はDHだとA'のメインのロックセクション。たしか去年は奥の方からもいけたはず。 XCだとゲレンデ左手の長い登りのシングルトラック内。 べつに危なくないので自由に行けるようにしておけばいいのにと思った。 逆にその後の真中のゲレンデに出る下り系のシングル出口でメインは右側なんだけど左から追い越せそうなラインはちょっとデンジャラスな気がした。 まあ自分はそこを使って一度前の選手を抜こうとしたけど。

いつも良く見る青森ナンバーのトヨタレンタカーのパネルバンがいなかった。

今年もマーシャルの日当は1日7000円。お勧めは木曜日か金曜日のDH。

去年はここの大会で仕事をしていた某氏が「遊び」で来ていた。 「鴨試練」を連発していてしきりにここのBLOGネタの話をしていたのだ。帰る時によったコンビニで会った時もBLOGに書かれるとか言ってきた。 って事は書いて欲しいのだろうと解釈して書いてみた。どない?>某氏

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート女子

ども、ども、ども。

これがアップされていなかったか050605_151601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/05

富士見XCエリート

 ども、ども、ども。

まあ、大体は分かっていると思うけど。

辻浦と山本兄(というか和というか小さい方というか)が序盤からデッドヒート。 それを序盤は有力所がパックで追う展開だったがそこから雷太が単独で抜け出した。それなりに余裕がありそうだったよ>雷太 案の定、追いついてからは山本VSアンカー軍団の構図に。白石が追いつきそうで追いつかない4番手に居た。最後頑張っていたがやはりサラリーマンの限界か届かず、残念。 勝ったのは雷太だけど確実の世代交代が進んできている感じがした本日、また土煙があがるドライコンディションなXCでした。 

竹谷や野口といって去年、強かった方々は後方に埋もれていたあるよ。 野口は速報でもちらっと名前が出たか。 山口の所は途中でモータースポーツのピットサインのボードで情報を送っていたあるよ。 スピードが落ちる所で囁けばよいのにと思ったが。

なんぞリクエスト(選手とかで)があれば次回、途中でアップ、できるだけ頑張りますが、どないでっしゃろかいな?

ちなみに次回は田沢湖だす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士見の自分の分をさくっと

 ども、ども、ども。

どーでっしゃろかいな? 今回の速報は。 個人的にはマキシスはやらないであろう上位の方々と知り合いの走っている様子をアップしてみました。 文章というか名前をだらだらと書く、位しかできませんが。(順位とかを見ながらは難しい)

自分のレースがここからという所で終わったので体力的に余裕があったので会場内をうろつきまくって撮っては送信しまくったのでした。

で、自分のは スタート前の準備は仙台の反省を生かして順調に。 アップもしたし、クーリング用のオイルまで塗ったしボトルの準備もおっけー。 スタートは3列目から それなりにスタートしてその順位を維持しながらの走行。2周目に最後のシングルトラック入り口あたりにあるコブをジャンプしたらそこにいたギャラリーから声が上がったので、これは次の周も飛ぶしかないと前との間隔を空けて<おいおい コブに到着。しかし誰もいない。 ちぃ、飛ぶの止めるか、なんて考えながらコブに入ったら着地でバタバタしてしまい案の定後ろがパンク。土曜日もマーシャルポイントに向かうときコース内に邪魔なのがあってバタバタしたらパンクしたのだ。 でもパンクは想定内。 急遽ひらがなさんから貰った(おありがとうございました)チューブ(700cのシクロ用なのだ)に交換。 ボンベを差してガス注入。 で、ボンベを抜く、、、って抜けない。 もうネジの部分は外れているのにバルブの先端が食い込んでいるみたいだ。強引に引っ張ってみる。 ぷしゅ~~~~~。バルブが破損してガスが抜けて終了。押しながらだらだらと戻ると80%でカットが始まっていたのでこれ幸いと切られたのでした、残念。 114位だった。30位くらいを走っていたのにねぇ。

思ったよりギアがあまっていたのでタイヤの効果は絶大。でもこのようにパンクに対してはデリケート。元々自分の乗り方は後輪に厳しいからなおさらだ。 今年は多分、マッドにならない限りはシクロタイヤを後ろに使うやり方を継続する予定。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

武藤さん050605_132701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート男子

ども、ども、ども。

だす050605_151901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

1位 雷太
2位 山本兄
3位 辻浦
4位 白石
5位 山口 凄いねぇ
6位 武井
7位 松本050605_142001.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

最終のフィード前050605_141701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

雷太に山本兄が追い付いた
辻浦が苦しそうになんとか
50秒差で白石 たれた?050605_141101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

最終周回に入るあたりで雷太がアタック
辻浦と山本兄も追い上げ
さらに白石も猛烈なアタックで辻浦と山本兄に肉薄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

松本050605_133501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

山本兄 がアンカー列車を引く
40秒差で白石
松本

あいて 山口と武井

宇田川050605_135501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

色川050605_135101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

雷太 山本兄 辻浦
白石は前と40秒差
はなれて松本
かなりはなれて山口 武井050605_134501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

雷太 山本兄 辻浦

白石

松本
で五周め050605_133401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

でんか050605_132901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

辻浦 山本兄

雷太
松本 白石

山口 武井
宇田川 色川
山本弟 竹之内
で4周回 このあたりでトップと2分差050605_131901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

山本兄 辻浦
で雷太が追い上げ
白石で3周回途中050605_131302.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

辻浦 山本兄

雷太

白石

松本

かなりあいて

山口 武井

色川 山本弟 竹之内 宇田川050605_130701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

辻浦と山本兄が競り合い
雷太 小笠原 白石 松本の2パック050605_125801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

山本兄
辻浦

小笠原 野口 雷太 白石がパックで2周回め050605_125101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

あそびじゃないんだからな人050605_124701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

辻浦
山本兄
小笠原
雷太
野口
白石
の順
二人がちょっと逃げ050605_124401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

辻浦050605_123401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカンエリート

ども、ども、ども。

ぼちぼちスタート050605_121901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見


ども、ども、ども。

コミッセール軍団050605_120601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見クロカン


ども、ども、ども。

コース図

女子エリート
1位 片山
2位 真下
3位 中込050605_112301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見XC


ども、ども、ども。

二位
その差二分050605_110601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見


ども、ども、ども。

女子トップ
最終周回050605_110401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終了


ども、ども、ども。

自分のはね
パンク
チューブを交換したが
ボンベが抜けず
こじっていたらバルブのコアが破損して終了

エリートの模様に専念しますぅ シクシク050605_104901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見スポーツ


ども、ども、ども。

ツルタさんの足とボトル050605_080801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見スポーツ


ども、ども、ども。

案の定渋滞
真ん中あたりで一人が足をついたので
その後ろも停まってさらに斜め後ろも停まって
押しの波が一気に後方へ050605_080101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見スポーツ


ども、ども、ども。

HIDEさん050605_080002.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士見スポーツ


ども、ども、ども。

スタート
快晴050605_080001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見DH


ども、ども、ども。

読めるかな?050605_055401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見


ども、ども、ども。

中途半端な草刈状態
Aコースから離脱するところ050605_054801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見


ども、ども、ども。

コース最初の方にあるバンク
ラインをどうするか050605_053501.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士見コース


ども、ども、ども。

朝はガスっているけど
晴れそうな感じ050605_052401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/04

ツイテイナイ


ども、ども、ども。

本日は快晴だったので雨具は上だけ持って上がった
すると昼前位からやな感じの雲が着始めたので
某氏に電話 出ない
それではとあそびじゃないんだから氏に電話
まだ恵那山を越えていませんよ
やはり某氏が連れてと言うか呼んだな
DHエキスパートの時には本格的な降りに
定刻通りに始まっていたらエリート男子にかなり影響を与えただろうに
めっちゃ寒い中マーシャル業務をやっていたがや
本降りになる前に雨具は上だけ着ていたが
まったくなんでだよ
と悪態をついていたら天気はちょっと回復
で、プチアルカンシェル

結構本日は試走できず
まあマーシャルポイントに向かう途中、パトロールがコーステープを補修していたのだが
彼等のマシンでコースを塞いでいてフルブレーキ
なんとか突っ込む前に停まったがよりによって後ろの700cをパンク
岩とかを避けながら走っていたのに
予備がなかったが通勤用のロードのチューブを入れてみたら
パンク修理したチューブでパッチの貼りが甘い所から暫くしてから空気が抜けた
もう一本あったのだがそっちはなんとか

と書きつつジンギスカンを食べまくったのだ
体重増加で明日もパンク?050604_151101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見色々


ども、ども、ども。

その1
DHのスタートがおもいっきり遅れた
最初は30分と言ってたのが
1時間押しになり
最終的には90分遅れではじまった
電源か計測あたりが怪しいなと思いつつ
マーシャル業務をやっていました
その2
監督会議が2回
2回めの方がちょっと情報多し
全日本の時はちょっとコースを変えるそうだ

とりあえず以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監督会議


ども、ども、ども。

監督会議
スポーツ男子3周女子2周
エキスパート5周
エリート男子7周女子5周050604_171301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見パノラマ


ども、ども、ども。

センターゲレンデ
フィニッシュの幕の奥に
チラッと見えるのがシングル後の新設プチループ
天気は晴れ
夜中にバラッと雨が降ったけど
アスファルト路面は乾き出しているので無問題
本日夜も同じ感じ程度に雨が降る鴨試練050604_050901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見パノラマコース


ども、ども、ども。

ゲレンデ左の様子
4Xのコース造成中
その回りにXCコースが050604_050701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/03

続き


ども、ども、ども。

焼き肉食べて腹いっぱい
明日はジンギスカンだぁ
なんて事はいりませんか

で、シングルを登りゲレンデ奥に出たら登りはほぼ終わりかと思うと左に新な入り口が
写真の奥が入り口で手前が出口
シングルのループだ
どのクラスまで使うか不明
そしてぬかるんでいるシングルを抜けたらゲレンデ下りかと思っているとここにもプチループが
ショートカットやりやすいあるね
今回は『鬼』と呼ばれているコミッセールが居るから覚悟が必要
フィードの人が二回動いた位で順位が落ちるタイム加算ペナルティと出した方々が来てますから

全体的に下り系の自分には不利なコース
登った分だけ下った着かましないコース
ポイントは最初のハーフパイぷ。
真っ直ぐ直登なんて無理050603_164601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コースも


ども、ども、ども。

さくっとこっちに
ちょっとコースが変わっています
ハーフパイプの横を登る前に追加のループは書いたが
ハーフパイプの後、下ってからゲレンデを登り
また下って、という所がなくなり
ひたすらイッキに登り
で写真のドロップオフを下ると
一番斜度のきつい登り
そこからBコースに入ってハーフパイプ内をうろうろだったのが
前登った林道を下って
ハーフパイプの途中から入ります
あとは暫く一緒

で続く050603_163501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監督会議


ども、ども、ども。

DHの監督会議です
土曜日の降水量は0で夜中から降るらしい
現在のXCコースの路面はばっちぐー
ほどよい湿りでシングルは一部気持ちぬかるんでいる位050603_170201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぁ?


ども、ども、ども。

八ヶ岳もばっちりになった富士見
メールでマッドタイヤは要るかとの質問が来たが
答えが表題
DHコースは泥も掃けてプレスされぼちぼちな感じ
XCは土曜日の天気次第じゃねーの<当たり前じゃん050603_131001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暇なので


ども、ども、ども。

プログラムによると
XCのエントリーは
エリート100名の女子20名
エキスパート127名
スポーツ160名の女子12名

ちなみにDHは
エリート74名の女子13名
エキスパート113名
スポーツ61名の女子4名
と壊滅的な数字

プログラムに出ているコース図は古いのであかんのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ども、ども、ども。

ちょっとAコースを下っただけでてんこ盛050603_084401.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やられた


ども、ども、ども。

マーシャルは下の方って希望したのに
かなり上だよ
XCしか用意していないのに
天気は回復傾向
結構暑くなりそうな予感050603_082101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見から


ども、ども、ども。

スタート直後だす
去年はいきなりハーフパイプの上を登ったが
今年はその前にさくっとゲレンデを小回り

天気は曇り
路面はそれなりな<ってどんなだよ
さらっと雨が降った後程度
シングルの中までは行っていないので
その辺は現在不明050603_070601.jpg
050603_070602.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ぼちぼちと

 ども、ども、ども。

準備が出来次第出発の予定。

雨タイヤ、どこにやったっけ? まったくぶつぶつぶつ

携帯からの写真はぼちぼち良好なのでレースの速報みたいなのはこっちに。 コースの様子はいつもの所にアップする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何故か


ども、ども、ども。

復活する丸岡の申込み書が着た

自分は多分、Jの白鳥の頭数に入っているらしいので出られないけど
頑張っている方々がいらっしゃる所なので
盛り上がるとよいのですが

と、書きつつ携帯からの写真のチェックだったりする050603_023801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/02

さて、どーしよ?


ども、ども、ども。

レース中のドリンクにと買ってみたダブルアミノバリュー 一本2百円
カロリーオフなのよね

横にチラッと写っているヤツでもミックスしますか
某Dんか氏がゼリーをジュースで割っていたのがヒントになってはいるが050602_203601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末の天気が

 ども、ども、ども。

おうおうおう、なんでやねん>週間天気予報 

最初は木曜日だけ雨マークだったのに最近のは木曜日から土曜日まで雨マーク付き。 いったい誰が雨を呼んでいるんじゃぁ。 雨の中マーシャルをやるのは大変なんだぞ。 

まったくもー。ぷんぷん。 わがまま言ったれぇ。 マーシャルは下の方に配置してくれるようにと。 とりあえずその方向でとはなったが、どこぞから横槍が入って上に行けとかならないよな?

去年はDHマシンを持って行って、それでドロップオフの所まで下って配置についたが、今年はそのDHマシンはバラバラなのでXCしかないっす。 というあたりも下の方配置希望の理由だったりする。

あと上だとほぼ100%携帯のWINは圏外だろうから速報が送れないというのもあり。 できればA'あたりがよさげなんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-1のタイヤ

 ども、ども、ども。

今年から予選から決勝まで1セットしかダメとなったのだが、この前のヨーロッパGPではキミ・ライコネンが最終周回にトップで入った1コーナーでサスペンションアームが破損してクラッシュしたのだが原因がタイヤの偏磨耗で物凄く振動が出ていたという当たり。

で、この件からタイヤのレギュレーションについては賛否両論あるわけだが、自分的にはそれよりもだ、マクラーレンチームの方向がちょっとねぇ~と思ったりする。 ドライバーが無理して走りたいというのは仕方が無い。そこをチームが安全を第一に考えてピットに入ってタイヤ交換しろと言うべきではないかと(トラブルが起きたら1本、換える事ができるのだ)。勝てそうだからそのまま走れという指示はどーよ? それでキミが死んだらどーよ? やっぱお金の問題がかなりありそうな予感。

タイヤのレギュレーションも元々はスピードを落とすという所で採用されたはず。 スピードが出すぎて危ないから。 でもこのタイヤのは逆にレースで危険な場面を増やす結果になっていると思う。 そんな事は踏まえて走れよ、というのが賛成派で、あぶないから撤回しろというのが反対派か。 

予選方式はこのヨーロッパGPから変わったけどタイヤはどーなるんでしょうかね? さらに来年あたりからは排気量とかエンジン関係が変わるらしいけど。 V8 2.4リッターだとさ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/01

ひさしぶりに出勤前ライド

 ども、ども、ども。

月曜日もと思ったが起きたとき雨だったので2度寝(夕方からの勤務なのだ)。起きたら上がっていたけど。でも出勤しようとしたらまた雨が降ってきて緊急雨天走行装備にチェンジ。 なんて事はよいですか。 火曜日に表題の件をば。 さらにライドだけではなく乳バンドも装着。 ケイデンスがどえりゃ~低くてびっくりしたでかんわ<何故にここだけ名古屋弁? 心拍も上がり下がりが激しかった。傾斜が急になると一気に160くらいまで上昇するがちょっと平らになると急降下して110弱、ってどゆこと? 一番上がったのは平地を車と競うように爆走した時で170くらい。ちょっと遅刻するかな?感があったもんで。

先週は仕事の後に走ったのだが、今回の方がタイム的にはよかった。仕事はかなり手を抜いているのに結構消耗しているもんだのぉ<こらこら

富士見というか、一応田沢湖に向けて導入した事が何点かあったりする。 パワーブリーズもその一つだが他にも久しぶりにがしがしとボディブレードを復活させた。 これが結構くるのであった。 あともう一つあったりするがこれは極秘。 まあ効果は疑問なんだけどね。

ちなみにパワーブリーズ。めっちゃ単純で筒の中に弁があって片方はワンウェイで排出用。もう一つの吸入用の弁が開く時、内臓してあるバネが作用して強度を調整。バネを縮めると大きな吸引力が必要になる、みたいな造り。中国で150円くらいで出来そうな感じ。これが売値が聖徳太子1名では足りないのだから<っていまどき聖徳太子って 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末は富士見J1

 ども、ども、ども。

参加受理書が着た。 とりあえず(株)アップさんの所も スポーツ>エキスパート>エリートの順でレースを行うみたいだ。で、最後に一般クラスと(XCの場合) ちょっとスタートが早くなる感じだ、エキスパートなもんで。 スポーツは激早だね。 8時ったら5時起きで朝食をってか? まあ、一般クラスの人がエリートの走りをちょっとでも見る機会が出来、そこから興味を持っていただける人が出れば幸い。 なのでそんな一般の人にも分かりやすくて凄いエリートならではの走りを希望する次第で>ここにはエリート様はほとんど来ていないか。自分的には携帯のアンテナが立てば今回はバシバシと様子をアップしたい所。 前のFOMAはそこそこだったよーな気がするがWINはゲレンデではどーでっしゃろかいな? 箱館山では2本か1本しか立たなかったあるよ。

さて、さらっと、スポーツクラスの人向けのアドバイスなんぞ。 富士見はスタート後の登りがキーになるはず。道幅はそこそこ取ると思われるが路面の状態が良い個所と悪い個所の差が大きいはずなので試走の時に十分チェックしておく事。 そして召集の時はその走りやすいラインに乗れるような位置取りが大事。スタートしてからもその登りのラインへのアプローチを考えつつ走るとよさげ。

というのが普通のアドバイスだが、そんな人達を抜く為には走り難い所を練習しておいて、その成果をスタート直後に一気に爆発させて順位を稼ぐという手もあり。走りやすいラインはみんなが集中してくるのでどうしても他人のペースで走る事になるし下手すれば、そんなラインでも止まる奴が前に出て押しに入る可能性もある。 それを嫌って大外とかから舞いペースで登る練習が効果的。ただしかなり消耗するのは間違い無いけど。 他人と同じでは前に出るのは難しいのであった。 あとXCの人の習性として前の人の後ろを走ろうとするのでそのへんでラインを変えて前に出るという手もあり。 これはシングルトラックとかで有効。 これも試走の時、行けそうなラインを探して練習しておく。ぶっつけ本番ではやらないように。 下手して事故になったらあかんでよ。 死亡事故が2週続いているからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »