« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

白馬さのさか女子

ども、ども、ども。

1 片山 梨絵 2:02:54.45
2 真下 正美 2:05:14.78
3 中込 由香里 2:05:44.08
4 田近 郁美 2:12:07.47
5 矢沢 みつみ 2:14:27.31
6 深井 薫 2:18:09.82

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか男子

ども、ども、ども。

1位 野口 忍 2:45:52.00
2位 小野寺 健 2:24:52.11
3位 山口 孝徳 2:29:07.49
4位 鈴木 雷太 2:30:42.96
5位 小笠原 崇裕 2:31:03.42
6位 色川 浩樹 2:31:34.08
7位 江下 健太郎 2:34:33.49
8位 門田 基志 2:37:16.62
9位 深谷 幸彦 2:37:33.31
10位 笹部 勝 2:37:43.50

| | コメント (6) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

3位山口 孝徳
4位鈴木 雷太050731_163001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

二人ならんでゴール

トレックの日でした050731_162501.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

最終周まで
トレックバトル

野口 忍と小野寺 健
差はなしで後半へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

やってしまいました
野口 忍
小野寺 健
小笠原 崇裕 後ろパンク050731_160301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

小笠原 崇裕
30秒差で野口 忍
10秒差で小野寺 健050731_155301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

6番 江下 けんたろう
7番 鈴木 雷太050731_154901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

5番て 山口 孝徳050731_154501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

4番て 色川 浩樹050731_154401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

6周め
小笠原 崇裕アタック
野口 忍
小野寺 健050731_154201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

5番手 山口 孝徳050731_153501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

野口 忍
小野寺 健
差が詰まって小笠原 崇裕
差が開いて色川 浩樹050731_153201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

野口 忍に小野寺 健

1分差で
小笠原 崇裕
10秒差で色川 浩樹
で5周め
2分差で山口 孝徳050731_152001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

小野寺 健
野口 忍
のトレック列車に

色川 浩樹と小笠原 崇裕の中堅列車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

4周め
小野寺 健
差はなくなって
野口 忍
1分で
小笠原 崇裕と色川 浩樹がパック

ちょい開いて山口 孝徳050731_150001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

小野寺 健
野口 忍 差は10秒
小笠原 崇裕
色川 浩樹
山口 孝徳

雨が降って来ました

フィードの方々050731_145101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

ゲレンデに行ったり来たり

小野寺 健
野口 忍
小笠原 崇裕
色川 浩樹050731_144501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

野口 忍
小野寺 健
が逃げて3周め

20分くらいに
ぺーすダウン050731_144101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

盛況な
ビック3ドロップオフ
その2050731_143601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

なかな盛況なビック3ドロップオフ050731_143401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

野口 忍
小野寺 健
小笠原 崇裕
山口 孝徳
松本 駿
色川 浩樹

二人がちょいリード
ビック3ドロップオフ050731_143001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

野口 忍
小野寺 健
松本 駿で2周めの
ゲレンデを登りきった模様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

TREKの3人に小笠原 崇裕で2周めの登り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

松本 駿
鈴木 雷太
野口 忍050731_141001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

エリート男子スタート

曇り050731_140001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

女子エリート
1位片山
2位真下
3位中込050731_124201.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

エキスパート スタート050731_103001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

スポーツ男子スタート050731_083001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

スポーツ男子ぼちぼちスタート050731_082801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

雨の予報だったが
かなり良い天気

チームフィードで水かけの許可が
出る鴨試練

というくらいです050731_071701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

白馬さのさか

ども、ども、ども。

監督会議

スポーツ男子3周
スポーツ女子2周
エキスパート5周
エリート男子7周
エリート女子5周

天気は持ちそう
レース中は050730_170101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

試走中

前からのシングルだが
昔の登り返しラインにしたら
みなさん苦戦中050730_161301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさかXCTT

ども、ども、ども。

男子エリート
1位 野口 忍
2位 色川 浩樹
3位 山口 孝徳050730_143901.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白馬さのさかXCTT

ども、ども、ども。


女子エリート
1位 片山
2位 真下
3位 中込050730_143501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

昼休みを満喫中

元じゃい○○○じゃぱんさい○○050730_125901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

I子ちゃん

このあと後悔した鴨試練050730_120201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

オープンクラス
スタート050730_120001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

メインゲレンデに
飛び出すキッカケ

このあとの区間
パンクに注意

若手DHerが二人揃ってパンクしました050730_061701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/29

白馬さのさか監督会議

ども、ども、ども。

ビギナー男子3周
ビギナー女子2周

雨の予報050729_170401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

新設シングル使用を勧める方向で

新設シングル入り口050729_095601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日より

ども、ども、ども。

午後から公式練習開始

新設シングルはふかふか
このまま晴れなら楽しんで走る事が出来るのに
雨だとタイヤ選択に迷いがでる鴨試練
新設シングルを考えたらマッドだけどそこがなければオールコンディションか

一応従来のシングルもテープを張っておく予定

新設シングルの倒木越えはイージーにし過ぎた鴨試練

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

白馬さのさか

ども、ども、ども。

去年造った丸太ジャンプがカットされたので
新設シングルにあらたに造ったです

バンバン飛んでください

飛べる人は050728_162401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

ゲレンデ途中にあるトラップ

こんな溝が横にしかも斜めに走っています

試走で要チェック050728_172901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

ビック3ドロップオフ
実走チェック中050728_115101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

上のウッドチップエリア050728_095301.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

今年 新設した通称 ビック3ドロップオフ

画像の右がドロップオフで左がチキンルート(迂回路)

チキンルートを走ってみたがちょこっと問題あり
シングルをガンガンいじり倒した区間は
路面をやってからの評価になるが
かなり難しい鴨試練

これからどれくらい路面が乾くか
それによって難易度は変わってきそう050727_173001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/27

白馬さのさか

ども、ども、ども。

白馬さのさか
最初のシングルは後半大幅にレイアウト変更
様子はアッチに
朝、まだまだ出来上がって居ないけど
走ってくる予定050727_173602.jpg
050727_174302.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

去年造った新設シングル
迂回路 別名チキンルートを延長

画像の右がチキンルートで左がドロップ050727_104601.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/26

白馬さのさか

ども、ども、ども。

パラダイスゲレンデ
草刈ほぼ終了
草刈カーがクラッシュしているので
草刈機で人力オンリー

最初のシングルは出口を変更
ゲレンデに出ないで
昔走った、今 舗装された林道に出る DHルート復活
代わりに去年造ったジャンプをカット

まだまだ変更在りそうな感じですわ

本日は某専門学校の生徒が講師に指導されていました050726_160801.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

白馬さのさか

ども、ども、ども。

雨だす

月曜日までは山自体がカラッカラでグッドコンディションだったのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

白馬さのさか

ども、ども、ども。

下り系有利とか書かれたので
それではそんな感じで
と言う1つ目
丸太ジャンプの迂回路変更

マジで迂回路にした
でもちょこっとおもしろい鴨試練050725_094801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

SHIMANOバイカーズ祭


ども、ども、ども。

表題がアッチと同じですが気にしない様に

今年も参加
何でも去年比で2割減な参加者だったそーげな
駐車場が空いていたからそんな感じはあったけど
DHは知らないが
XCのコースは相変わらずだ
最後の登りがダメでしょう
年にこれだけ出るくらいをターゲットにするならキツ過ぎ
あとチップを使うならJ3くらいの公認をとって
Jライダーを集めてもよさげ
いりえっちがツーリング担当とは モッタイナイ
自分ならXCコースは
同じ所スタートして4Xコースの上の方を登らせて4Xのスタートあたりから
Jで登ったシングルを下らせるかな
後は駐車場を走ってゴンドラ乗り場あたりから
折り返す
距離が足りなければ
ゲレンデをちょこっと登らせればおっけー

去年XCのスタートゴールが駐車場で表彰式とマイクと観客がごっちゃになった事を思えば
今年はかなり良かったと思う
ここでは里山ツーリングをリアルタイムでさらっとお伝えしたが
食べ物や水は無料でした
コースも2日目なので走りやすくなっていたし

ツーリングはまた出ても良い鴨試練

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風呂あがりは

ども、ども、ども。

やっぱりアイスでしょう
十郎の湯とラムレーズン050724_190201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見パノラマ

ども、ども、ども。

ノースショアスタイル050724_131701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見パノラマ

ども、ども、ども。

TREK系はプロがおみえです050724_130501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見パノラマ

ども、ども、ども。

炸裂中の某選手

ってナニが?<ご想像におまかせ050724_125001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

完走賞

富士見高原のむヨーグルト

これにて里山ツーリング終了050724_121201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

六番目のエイドステーション

ブルーベリー寒天050724_115201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

5番目のエイドステーション
食べ放題050724_111601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

里山ツーリング

泥沼ポイント

押し入ります050724_104801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

3番目のエイドステーション
トマトときゅうり 旨いっす
絶景ポイントだけど
ちょっと曇りでいまいっぽ050724_102701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

ベーシックコース
3番目のエイドステーション050724_102301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

里山ツーリング

オプションコース050724_095401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

里山ツーリング

オプションコース050724_095201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

里山ツーリング
エイドステーション050724_093501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

里山ツーリング爆走中050724_092001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

里山ツーリング

説明中050724_085801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見より

ども、ども、ども。

里山ツーリング集合中050724_085101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

富士見パノラマより


ども、ども、ども。

凄い人の群れです

4時間耐久競技中050723_144401.jpg
050723_144201.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士見パノラマより

ども、ども、ども。

ちょっと高すぎる鴨試練
コース横断用立体交差050723_144901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見パノラマより

ども、ども、ども。

復活

白い奴

鈴木 雷太050723_144301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/22

出た~~>ラリージャパン

 ども、ども、ども。

ようやく発表された>ラリージャパンのチケット発売方法および日程

案の定ローソンのロッピィで8月5日(金)午前10時からって _| ̄|○ 白鳥やん

いや、まてよ。午前中ならまだ公式練習前だからちょっくら下ってという手もあるか。 それを許してくれる人がいるかどーかだな。 初日に動かないと林道チケットは手に入らないだろうな、きっと。 陸別ですら怪しい。 札内SSSはきっと売れ残っているだろうけど

さて、どーするかだな。夕方下りるか? <それでは間に合わないだろっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと書いておく

 ども、ども、ども。

偽者が出まわっているからとか○○○○メ○ネって誰とか言われたり聞かれたりしますが、そんな事こっちに回されても。と思ったりする。

人の好奇心は押さえる事はできないだろうから調べたい方はご自由どうぞ。 一応こちらに入っている情報や噂は。

・JMAの掲示板では複数名いるらしい(噂)

・結構846信者みたいだ(JMAの掲示板書きこみから)

・実は一人は846infoに足跡を残している(仙台のリザルトという所)

・似たような足跡がもう一つある(箱館山リザルトという所)

・さのさかが危険と書いてしまうMTBスキル(スポーツあたりか)

足跡で某S県に絞られ、あとは大会のリザルトを探って行けば結構近くまで行けるかと。 あとは大会のプログラムなりスターティングリストなりで名前とゼッケンを調べて声をかけて反応をみれば決まるでしょう。 狭い世界だからねぇ>MTB業界

だれかやって結果が出たら教えてください<他力本願かよっ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/21

全日本 自分は

 ども、ども、ども。

結果が出ていました。ここ

思ったよりよさげな成績だった>29位。

ぶっちゃけポイント圏外と思っていたから(レース序盤) 途中から片手くらいかなと思い(レース中盤) でもそんな事を気にするレースではなく純粋に同じ位の世代の人とレーシングを楽しむべ(レース後半)と気持ちが変わっていたのでした。

自分の理想の展開はシニアエリートの白石選手みたいにイケイケで序盤から飛ばすという感じだったりするので後半じわじわと順位を上げた今回のはちょっとねぇ。

序盤に行けなかったのは朝飯をだらだらと時間を浪費して食べ過ぎた事にあるのだ。 果糖はエネルギーになるらしいよねぇと買った1/2カットで30%オフメロンが余分だった。あと半額だった今川焼きも。 これでアップをする時間も無くなったし。 

あと実は土曜日に試走したときに4Xスタートあたりからはいったシングル内の岩越えで、そのちょい前までDHマーシャルをやっていた影響でそっち系のスイッチが入っていたみたいで<みたい? この岩をなめて次の小さいのは飛べるか。 なんてラインを考えてやってみたら着地で後ろが予想以上に跳ねて(Rサスのセッティング、イマイッポ)木に激突。 右足の大腿部を強打していたのでした。 強打の方はドーピング、オッケーなアスピリンを飲んでおいたら気にならない程度だったりしたが。 

しばらくは空くので次のJでは序盤からばしっと行けるようにしたい所

だが、いっちゃうとランキング的に自己都合が悪くなったりするんだよねぇ。 とりあえずDHで足を使っておくか>大鰐 今年初のDH参戦レース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの方々と

 ども、ども、ども。

全日本では表題の方々と会う事ができた。 前に居たチームの主にロード組なんだけどね。 前に居たチーム、実は立ち上げに自分が結構、関与しているのだ。ぶっちゃけ、MTB組をまとめていたりする。 といっても遠征に行くべとプランと声かけをしていたくらいだが。

みなさんお変わりなく元気そうでした。 いや、ちょっと変わった人も一人<ちょっとじゃないよっ(と、H姉@奥さんの代わりに突っ込んでおく)

シニアエリートのスタート前だったり、自分が走っている時だったりしたのであまり時間は取れませんでしたが、懐かしい感じがしたあるよ。 たしかチームを出る時大風呂敷を広げて出たのだ。 こんな事言ったりして

「わたしゅうというキャラを独り立ちさせる」

独り立ち所かすでに某業界では「仁王立ち」  どこで間違ったのやら<そーなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

延期予定らしい>ラリージャパン

 ども、ども、ども。

大会自体をというのは無理ですから何が延期かといえばチケット関係ですな。8月初旬というのを目標に頑張っている程度らしい<ってあんた、大会は10月頭の週末ですよ。

世界的な大会(選手権)とは、今年で2回目とは思えないこの手際の悪さ。現実と理想のギャップが大きいのに気が付かないで走ってしまっているのでしょうかね>運営サイド まあ、もう走っちゃっているから走らせるしかないのだが。止まったらそれは中止を意味するからね。 大変なのは1回やって判らなかったのかな?現場とお気楽な上の方との意識が違いすぎなの鴨試練。この中間の人が一番大変だけど。大変過ぎて体調を壊してリタイヤとかしていそうな感もあるか。

8月初旬かぁ、白鳥だな。 ローソンは。。。 山を降りないと無いな。ロードも持って行くか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/20

全日本XCシニアエリート

 ども、ども、ども。

動画がすでにアップされています。凄すぎ<色々と

ここです。

自分の携帯の電池が切れそうで車に戻ったときに起きた展開とかもあって、現場に居た自分でもおぉ~~とかなったあるよ。 これからはここもレース後、要チェックですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XCシニアエリート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月中旬

 ども、ども、ども。

ぼちぼち表題の時期も過ぎる頃だと思うのだが、ずっとオフィシャルHPで出ている「7月中旬」。何がかといえばWRCの大会、ラリージャパンのチケット発売だ。 発売方法とか観戦場所の発表とかもまだ無い。 普通のレースと違って広大な大地で繰り広げられるラリー。メインの基地となるのは去年だと北愛国のパークだったが(帯広やね)レース自体は陸別とか新得とか基地から100km以上離れた所であるのだ。 だからどこを見るかというのはかなり大事だったりする。 にもかかわらずまだ何も発表なし。 まあ見るなら陸別サーキットが1日と札内のSSSとあと林道をどっか一箇所か。残りはリエゾン(移動区間)とかパークをうろうろしてという感じかな。

と、まだ多少行く気はあるのでした>ラリージャパン だがしかし、今週末から放浪の旅に出るのでテンションは落ち捲くること確実。来週は白馬かぁ。ローソンは・・・・岩岳か木崎湖あたりまで行かないと無いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

占い

 ども、ども、ども。

ガンダム占いなんていうのがあった。 世代的にがっちりキャッチされてやってみた。

結果 陸戦型 ガンダム 歴史の影で地上を這っていた、ですか。

一応ガンダムという事で嬉しいような、でも陸戦型ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

 ども、ども、ども。

ざっと書いておく。 写真とかは隣の連携BLOGに

スタートから積極的に行ったのは白石真悟。それを有力所の野口、雷太、色川、小笠原あたりが追っていたが、まずオガが落ちる。 見ているとまた変速あたりのトラブルっぽかった。 今回は今まで着ていた青のジャージが他のチームメイトが着てオガだけスペシャルなピンク入りのジャージだったのに。

次に落ちたのが色川。やはり田沢湖の影響が出ている模様。オガも実は体調不良だったの鴨試練。一番田沢湖の影響を受けたのは山本(兄)でしょう。田沢湖を走っている時から痛みがあったという事だ。 それでも一桁ですか。弟の存在が大きかったのか。

白石、雷太、野口の3人パックに入ってきたのはJシリーズの富士見大会では仕掛けが遅くて届かなかった山口。序盤からガンガン行っていた白石には辛い状況に。

そんな中、山口がさらに早めの仕掛け。大抵は最終周回に入るあたりからなのに。それにきっちりと反応する雷太。さすが田沢湖では早々にレース終了した2名。野口、着いて行けない(田沢湖3位)、ましてや白石も序盤にかなり消耗しているみたいで限界。 山口と雷太の一騎打ちとなったがここ一番で今年は強い雷太が一気に山口を突き放しにかかるとみるみる差が広がり1分以上離す事に成功。

あとはペースを緩める事なく走りきり白い奴に復活。また上から下まで真っ白にするのでしょうかね? 世界戦代表もこれで決まりでしょう。本人が「イヤ」と言わなければ。

ちなみにこの上位の中で自分の事を確実に知っているのが雷太と白石。野口は微妙でたぶん山口は知らないはず。 雷太は帰りに会った時「おめでとうございます」と声をかけたら「ありがとう」と「さのさかはまたコースやるの?」という返答でした。 白石に至ってはマスターで走っていたら今回は「わたしゅうの走りは檀さんに似ている」とか言ってました。 この事をコミッセール軍団に言ったら某氏は「そんな事を言われたら自転車辞める」とおっしゃる方が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/18

う~みゅ

 ども、ども、ども。

こっちは昼に障害が出たみたいでそれの影響か、メールで書きこみが出来なくなりました。

なのでクラッシュ脳天気ingの方にシニアエリートは書きました。途中電池切れになり最後の方はかなりショボイですが。

あっちは画像をクリックするとデカくなります。 なんかマキシスのサーバーが落ちたとかいう噂を小耳にはさんだけどどーだったのかな? 後で見てこよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

調子が悪くて肝心な時ダメでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

結局
中込(206)が2位
真下(203)が3位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

結局
中込(206)が2位
真下(203)が3位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

2位争い激化
真下と中込
この差です
最終周050718_125301.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

トップ独走 片山050718_124801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

3位が千田 尚孝050718_123601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

小野寺 健追い付かず
山本 幸平(弟)が優勝 U-23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

10秒差なしな二人050718_123201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

その差25秒差
山本 幸平(弟)と小野寺 健
最終周050718_122701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

山本 幸平(弟)と
小野寺 健の差30秒まで接近

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

山本 幸平(弟)
小野寺 健変わらず
千田は40秒差

女子は片山が真下を離していました
離れ過ぎて見落としだす050718_121401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

山本 幸平(弟)
1分差で小野寺 健
20差で千田

女子は真下
片山はメカトラ?で消えた?050718_121001.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

山本 幸平(弟)
30秒差で
小野寺 健
で4周めに突入050718_115601.jpg
050718_115501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

着かず離れずな
片山と真下050718_115401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

山本 幸平(弟)
20秒差で小野寺 健050718_114801.jpg
050718_114801001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

女子は片山と真下の一騎討ち050718_114601.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

田沢湖でやってしまった050718_114301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

小野寺 健と山本 幸平(弟)のバトル勃発

山本 和弘(兄)は左足肉離れでDNS
ギプスしてコースサイドにいました050718_113101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

U-23スタートから10分後に女子スタート050718_111201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC

ども、ども、ども。

快晴の下アンダー23スタート
小野寺 健がダッシュ050718_110101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

ちっ


ども、ども、ども。

長い夜になると思ったが簡単な文章で終らせた模様
予備の後ろホイールを用意しないと050717_204801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

マスター
1位三山 孝幸
2位伊田 井佐夫
3位三輪 和弘

ジュニア
1位 永田 隼也
2位 小山 航
3位 飯田 隆彦

女子
1位 末政 実緒
2位 猪俣 浩子
3位 飯塚 朋子

あとシニアエリートのリザルト画像sa310003.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

シニアエリート男子
1位内嶋亮(白い奴に復活)
2位井手川直樹
3位安達靖(連覇ならず)
4位丸山弘樹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XC監督会議


ども、ども、ども。

マスター4周
ジュニア4周
U−23_5周
シニア・エリート7周
女子5周050717_170301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見

ども、ども、ども。

暑いっす

ソフトクリーム食べまくりのコミッセール050717_165201.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全日本DH


ども、ども、ども。

女子決勝

末政実緒050717_151001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

02チャンプ

大島 礼治050717_130901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

最近どーなのよ?

竹本 将史050717_131201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

もう一人の○ちゃん

丸山 由紀夫050717_130802.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

カントリーナッツ三人衆
河合 暁延050717_132301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

カントリーナッツ三人衆
兼子 雄一郎050717_132101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

カントリーナッツ三人衆
河合 アニキ 良紀050717_131001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

○ちゃんこと

丸山 弘起050717_130701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH


ども、ども、ども。

HONDAの二人050717_130602.jpg
050717_130601.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

全日本DH

ども、ども、ども。

04チャンプ

白い奴

安達靖050717_130501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本DH


ども、ども、ども。

薄曇りの中
間もなくシニア・エリート男子 予選スタート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見

ども、ども、ども。

本日の現場

2つ目のスーパーバンク

丸山由紀夫050717_084401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

全日本4X女子

ども、ども、ども。

1位猪俣浩子
2位大西雅美
3位末政実緒
4位鴨下美穂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本4X

ども、ども、ども。

1位古性 優作
2位増田 直樹
3位栗瀬 裕太
4位青木 卓也

5向原 健司
6和田 良平
7位金子 真吾
8位高松 健二

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本XCコース


ども、ども、ども。

2つに分けて撮影
スタートが駐車場に
スタートループの設定あり
新設セクションもあり
と、てんこ盛り

DHはBコースも使って
スタート位置を下げてとかなり感じが変わったかと050716_094102.jpg
050716_094101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見コースXC

ども、ども、ども。

かなり変わりますsa310002.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼちぼち出る

 ども、ども、ども。

仕事から帰ってきて、飯、食べながらWEBをうろうろしている所。

7時までに富士見入りしないとあかんので(今回もDHマーシャル) 本気とかいてマジで出ないと遅刻だがね。 

どこで拘束されるのか、何時までになるのか不明ですが極力全日本の様子を伝えていきたいと思っている訳で。

DHの試走は14:30までだから16:00まで拘束しなくてもいいじゃんねぇ。 そうすれば4Xの様子を中継できるっちゅーのに。かなり難しいけど。 だいたい名前と顔が一致しない。 高松ケンジあたりは分かる鴨試練

一応、転倒虫ジャージは修復したがやはりここはひとつ紛れ様という事で地味なジャージで走る予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/15

さのさかは

 ども、ども、ども。

下り系の自分が楽しめるコースにする予定。 レースに出ることは出来ないのだが、レースに出る以上に周回する羽目になるので、走って楽しめないとやってられないのでした。

過激にする為には労働力とテンションが必要な訳で色々とあるとテンションの方は充填されてきている今日この頃。 労働力は元DHエリート一桁様が弟子を連れてやってくるらしいので、きっとめっちゃ凄い事になるでしょうねぇ。プランをちらっと聞いたけどそこは休める区間なのにという場所をいじるつもりでいるみたい。 止め様かと思っていたが色々あってお好きにどうぞってなもんで。

そういえば今週末の全日本もテクニカルになるとか>DH&XC ひょっとしたらXCはゴンドラ下復活? DHはBコースを一部使うの決定みたいね。 いやー結構楽しみ楽しみ。 DHから今年は撤退しているので(今の所)お気楽だね。 Jの度に金曜日休ませてくれというのはなかなか厳しいから、最近は。XCだけなら土曜日入りで十分だし。

と、書きつつもJの富士見の時はマーシャルバイトの関係で金曜日休んで入ったりしたっけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速すぎっ

 ども、ども、ども。

FOXのFサスが壊れたというか壊したというかオイル漏れしていたのだがそのままDHに出たらロックアウトしなくなって、オイルを足してみたがロックアウトせず。

FOXならカントリーモーニングでしょうと電話をしたら、田沢湖に関係者が遠征しているので渡して貰えばこちらに届きますよ。とおっしゃったのでその様に日曜日に田沢湖でお願いした。水曜日には「治りました」って早っ。 お店に届いたのは月曜日のはず(自走だったからね)火曜日は定休日だから1日で治したのか。 簡単だったのかな? 

で、今度は受け取りだが当分はお店に行けそうもないのだが(片道90kmあるし)ちょっと困っていると今週末の富士見に遠征される人に預けるので会場で受け取ってくださいという事に。 めっちゃ融通が利きます>カントリーモーニング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/14

田沢湖 色々 その3

 ども、ども、ども。

その○とかつけて書いていますが田沢湖の後が毎回違っているけど気にしないように。

試走の途中で一度メイン会場に戻ってきたあたりでコミッセールを発見。黒森山のテープ張りについて意見してみる。追加作業がないのならショートカットしまくりだがと言ってみた。ちょうどそこには去年田沢湖で勝った白い奴もいらっしゃったので一緒になってコース内だからどんなライン通ってもいいじゃんと言ってみた。 まだまだラインありまっせと言うと「探してこよう」と再び黒森山を目指した白い奴な04チャンプ。2連覇はあるのか?

その後、そこにジャイアントの監督さまが「暴露の人だ」と大きな声を出しながらやってきた。なんか異様にハイテンションでついて行けない所とか多々あった。 今度、ボケるのなら分かりやすいのでお願いします<ってここは見ていないだろっ、きっと、おそらく、たぶん<ってどんどん弱気になっているぞ

登りの最後のシングルトラックは相変わらずだった。個人的に案はあるのだが勝手にやるわけにもいかず。どうせ決勝は雨だしという事で放置プレイ

とか書いたけど林道の登り始めるちょい前の気持ち下る所にあった水溜り。水深が気になるくらいだったので勝手に水抜きの水路を作ってみたりして。 結構その水路が機能したみたいでレースの時、よい感じだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お勧めの大会

 ども、ども、ども。

そんなのがこれ。スポーツデポMTBシリーズのJシリーズDHの前日、8月6日(土)の2時間耐久だったりする。 超お勧めだす。東海地方のXC系の方々、どないでっしゃろかいな?

元々スポーツデポの大会は参加賞が豪華なんだがこの8月のは参加賞がJシリーズバージョンになるので参加費はいつもと同じなのにさらに凄い事になる(はず)。去年、一昨年と参加賞の袋詰めをやっているのだが自分が欲しいくらいだ。 もうちょっと本当の所を書けば1/3くらい前の週のさのさか大会に回して欲しい所。 比べると、っていうか比べたらあかんねと思ってしまうあるよ。

ぶっちゃけ、自分が出たい所。召集が掛からなければ出るのだが。っていうか特に仕事がなければ出ようかな?<って絶対あるってば。 また寂しく上(スタート)あたりかな。

あとひょっとかすると土曜日はウエルカムパーティがある鴨試練。 耐久に出て、その後温泉に浸かってのんびりした後、補給もできたりして。 まあ去年、一昨年はあったのだが今年はあるかどうか不明。スケジュールには出ていないのから今年は無しか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/13

いったいいつ?

 ども、ども、ども。

ちょっと前にJMAで申込書が予定通り送られてこないという事で苦情とかが出ていたが

今年の世界ラリー選手権の日本ラウンド、ラリージャパンもチケットの発売が7月中旬というのにまだ発売方法とか観戦場所の発表すらされていない。レースは10月頭だがもう3ヶ月ないぞ。いーのか?こんなんで。

舗装路の世界一を決めるF-1なんてもうかなり前からチケットは発売しているっちゅーのに。 なんでオフロード系はこんなんでっしゃろね。 ちなみに大会はWRCが10月の最初の金土日あたりでF-1はその翌週。

って十勝と鈴鹿 2週連続かよっ>JAF

この辺もWRC観戦に行く気を削いでいる原因の一つ。 ま、いっか。去年観に行ったし。 っていうかあれは観戦するのにかなりのテンションと体力がいるのよね。 仲間とワイワイならよさげだが単独でずっぽりと嵌って系の自分的には厳しいのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖 トピックスその2

 ども、ども、ども。

田沢湖に向かう車の中で「まだ北海道に行く気はあります?」とか聞かれちゃったあるよ。 多少はねと答えたが。 この辺は別に書くか

稲庭うどん食べ捲くり。 捲くりではない鴨試練が土日ともに食べました。 うどんなんて米が作れない時とか所の人が食べる物だと聞いたがこの稲庭うどんもそんなうどんらしい。米の凶作で飢饉の時に手綯いうどんの製法が完成したとか。 名古屋にきしめんの1/4位の細さだ。冷麦くらいというと分かりやすいか。

レース後帰る前に宿の温泉に入って出て着替えているとそこに田沢湖の勝者現れる。 ちょうどJMAの人から聞いた情報の確認を取ってみた。オフレコといわれたのでここには書けないが。 WRCの話になり去年行ったといったら羨ましいと。 たぶん彼には自分の正体はばれていないな。 っていうか去年、モヤヒルズの監督会議でラリージャパン(日本で行われたWRC)のステッカーあげたじゃん。しかも2枚も。

あいかわらず辰子像は金色だった。

パラソルおばーちゃんのシャーベットは甘さ抑え目だった。

今年もマーシャルやら運営サイドに地元の中学生?が駆り出されていた。お疲れ様です。 途中で黄色い声援もあったし。

ついでに。実はオフィシャルフィードでとんでもない光景を目撃。 知らないからやったのだろうけど。 あかんのよ、あんなことやっては。とここに書いても無駄ですかそーですか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖XCエリート男子

 ども、ども、ども。

文字にしてみるのであった。

まずはコース紹介から。

スタートして林道の登り。 その後、短いシングルトラックでゲレンデに出るとDHの3連ジャンプ横に出る。そこからリフトの登りを登ってDHチャンピオンコースとの立体交差を潜ってさらに常に濡れているシングルトラックで登ると一休みな平地区間に。 オフィシャルフィードのある銀嶺ハウスを抜けると黒森山の登り。 下りの人がタイムを稼ぐ下りを下って田沢湖スキー場のセンターハウスあたりに出る。そこからスポーツセンター内の例年とはコースレイアウトが変わったシングルトラックを走ってメイン会場に一度戻ってくる。 そこからさらに下に下がってちょころびっとテクニカルなシングルトラックのアップダウンをクリアするとメイン会場下のグラウンド周りに見えてきてチームフィードを抜けて1周完了。

そんな長い1周たしか8kmくらいはあったはずなコースで天候は雨な中を4周のレース

まずはパックで。その中から抜け出てきたのが野口、小笠原、山本(兄)、色川あたり。山本(兄)は3人から徐々に遅れ出すが後ろから山本(弟)が来たのでそれ以上兄貴として落ちるわけにはいかない所。 2周目に入ったあたりで野口が逃げに入り勝ちパターンに持ちこもうとする。それを追う小笠原の色川。その後ろに山本兄弟。

10秒以上の差を2位以下に付けて野口が一度メイン会場に戻ってきたのだが、下を回ってくるとその差が無くなっていた。 逆に苦しそうな感じの野口を小笠原と色川はサクッとパスして3周目に入っていく。 林道区間で色川が小笠原に対して先行し30秒くらいのアドバンテージを作る。野口も遅れ気味ではあるが粘る感じで3番手をキープ。 兄貴がなんとか弟の前に立ちはだかっていたがその後方からヒタヒタとやってきたのが松本。兄弟バトルで消耗しているみたいな2名をその後あっさりと抜いてしまうのであった。

最終周回には色川、小笠原、野口の順で入る。その差は黒森山を登った地点でもさほど変わらずだった。が、メイン会場に戻ってくると小笠原が一気に色川との差を15秒にまで縮めて来る。 このペースならあるいは?という展開だが一昨年、ここ田沢湖で勝っている色川は慌てる事もなくペースアップしてその差を広げて、先生みたく頭上に自転車を担ぎ上げてのゴールパフォーマンスを披露。 残念な2位となったのが小笠原で、優勝争いから脱落してしまった野口が3位でした。

最終周回へ入るときの足きりが早かったが、これはタイムスケジュールの関係。 あれでも遅かったくらいで、そのあとの一般クラスのスタートが押しましたから。 エキスパートで切るタイミングを失敗したので早めたという見方もあるか。 それでエリートのスタートが遅れたしね。でもそのおかげで自分はBLOG中継が出来たのだが。

っていうかあの順位でもギリだと辛いねぇ。 今度は早めに切られるようにするか<をいをい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

田沢湖 番外編 その1

 ども、ども、ども。

JMAの人に例の遅れた理由を聞いてみた。「色々あって」  案の定な返答だった。 

試走時は雨ではなかったが多少濡れていた黒森山の路面。フロントタイヤをパイソンで下ったが、面白かった。おもったよりグリップするのね>パイソン でも決勝の時はパナの泥職人だったけど。

その黒森山。スポーツだけではなく一般クラスでも使った模様。 ○やね、田沢湖の人。試走の時、かなり押しが入っていたあるよ>一般の人。 スポーツの人もだけど。

NEWフレームとシクロタイヤの相乗効果が出た今回の成績。 

1周目自分のタイムは33分だと思っていたが心拍計のデータを見ると39分だった。 ちょっとおかしいと思っていたのだが黒森山のコンディションが悪くなったかと思ったあるよ>エリートの時。 心拍計の見間違いという事でひとつご勘弁を>該当する方々

ショートカットすると言いつつ黒森山のコーステープ張りが甘いと言ってみたら、がっつり張られていてこっそりと本気と書いてマジでやる予定だった個所も朝、見に行ったらテープが張ってあり_| ̄|○ 

またスタートしてすぐくらいに後ろからお声をかけてくださる選手様が<って変な敬語使いだぞっ  慎重にまるで亀みたくなっていたので対応は今一でした。申し訳無いっす>該当する選手さま

ついに転倒虫ジャージのファスナーが本格的にダメになった。 全日本の時は違うジャージになる鴨試練。 これで上記の様にレース中に声がかかることは無くなるはず。

1周目のチームフィードで関西のチームFRGのボスからアドバイスを頂く。 重いギア踏みすぎ。後半持たなくなるよ、と。 その後アドバイスの通り軽めで(当社比)走りました。 あといいところ走っているねぇ~とも。 順位を知らずに走っていたのでこっちのほうは?だった

つぎの周回のチームフィードあたりでは白石選手に「今日のわたしゅうは強いな」というお言葉を頂きました。 黒森山とマッドコンディションのおかげです。 強いというより周りがペース落ちすぎだと思うのだが。

とりあえず その1なのでこれくらいにしておくべ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/10

田沢湖 自分の分

 ども、ども、ども。

自分の分なんぞ。

まずは感想。 黒森山さいこ~~~~

 天気は雨でした。登りでの遅れた差を黒森山でなんと挽回しておつりが来るコンディションだったあるよ。 そんな中をエキスパートは3周。 スタートしてもアップが十分ではないので焦らずじっくりと最初の林道を登る。 様子を見ながらあまり無理せず、と思ったが黒森山の下りでスイッチが入ってしまう。おらおら行くぜ、行くぜと強引に攻める。 その後のシングルとかでもミスして軽く転んだりもするがもう入ってしまったものはしゃーない。

シングルや下りは攻め捲くり登りは大人しく極力離されないように粘るという方向で。結構、今回投入したアイテムが効いているようだ>フルサスフレーム投入 これで後ろのシクロタイヤのパンクリスクを減らせたはず。漕ぎが軽いのに外径はデカイので良く進む。 林道登りでは抜く事はほとんどなかったけどその後のリフト下では効果大。後ろのローギアも32Tだがこれを使うのはここくらい。 その後のシングル登りとかキャンプ場下のシングルでは軽すぎて&グリップが足りなくて使えなかった。

2周目の途中で20位くらいと聞いて場違いな所に居るなと思いつつも黒森山でそれまで見えなかった方々を一気に行かせてもらいました。最終周では林道登りで禁断としていたフロントをロックアウトを使用。粘りに粘って黒森山で爆発。一気に7人くらいを抜いて踏み倒しているうちに後方からのプレッシャーが無くなってほっとした時、最後グラウンドに向かう簡易舗装路の登りに右180度曲がる所でフロントがスリップ。脚を着いた時に電光石火で左足を攣る。強い痛みではなかったのでそのまま我慢してペダルを嵌めて回しているうちになんとか回復。後ろがちょころびっと気になったが来ていないようだったのでこれまたちょころびっと蛇行してゴール。 ゴール後のトマトがこれまた最高でした。

エリート男子のスタートが30分後くらいだったので急いで自転車を洗っていたらやばいモノを見た。フロントタイヤからチューブが生まれそうだった<なんや、それ リムからタイヤのビートの一部が外れてそこからチューブが見えていたのでした<それで滑ったのか 思い当たるのは最後のスポーツセンター裏のシングルで石か木の根っこにフロントのサイドをやな感じでこすってしまっていたのでした。 あぶね~~。26インチの補修用のチューブは携帯していなかったあるよ。 洗車後、着替えていたら破裂音が。 ほんと、マジで危なかった。自分のフロントのチューブが破裂していました。

結果はなんと11位とXCエキスパート歴で最高位。 周りからは来年はエリートだねと言われてしまいました。 黒森山とこのコンディションだからの結果でしょう。 黒森山は最終周回は結構エキスパートの20位以内では押している人が多かった。落車のリスクを無くす為なんだろーけど。あのくらいのコンディションなら楽勝でしょう。DHだと大抵あんな感じ、いやもっとキツイか。

今年で田沢湖町大会は最後だそーだ。 正確には田沢湖町としての大会は最後。 付近の市町村と合併して田沢湖町は無くなるという事だ。 小国みたくなる可能性はあるな。 DHのスポーツなんて20人未満。 かなりやばすぎ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

田沢湖

ども、ども、ども。

初完走
あそびじゃない人050710_150001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

12位 門田 基志050710_144501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

11位 白石真悟050710_144401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

9位が山田大五郎
10位の竹之内 悠050710_144201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

八位 辻浦 圭一050710_144001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

七位の小野寺 健050710_143601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

五位が山本 和弘(兄)
六位の山本 幸平(弟)050710_143201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

4位 松本 駿050710_143101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

小笠原 崇裕届かず
色川 浩樹の優勝

三位に野口 忍050710_142601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

色川 浩樹
15秒差につめた小笠原 崇裕050710_142102.jpg
050710_142101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

切られる鈴木 雷太050710_141501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

色川 浩樹
40秒差で小笠原 崇裕
2分5秒差で野口 忍

黒森山山頂通過

バナナ食べまくりのコミッセール050710_140701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖


ども、ども、ども。

今回の計測チップ050710_140301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

ラストラップには
色川 浩樹
50秒差で小笠原 崇裕
1分40秒差で野口 忍

あとは
松本 駿 山本 和弘(兄) 山本 幸平(弟)が同じ間隔

白石真悟
の順

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

トップでラストラップ突入
色川 浩樹050710_134501.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

2位 小笠原 崇裕
40秒差050710_134601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

三位野口 忍
1分20秒差050710_134701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ども、ど

ども、ども、ども。

色川 浩樹
36秒差で
小笠原 崇裕
49秒差で
野口 忍

黒森山山頂通過

追加
その後が山本 和弘(兄)
そして山本 幸平(弟)と松本 駿が並んで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ども、ど

ども、ども、ども。

色川 浩樹
36秒差で
小笠原 崇裕
49秒差で
野口 忍

黒森山山頂通過

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート


ども、ども、ども。

あそびじゃない人050710_132401.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

三周めには
色川 浩樹 小笠原 崇裕が並んで
野口 忍がちょい遅れ

山本 和弘(兄)で

山本 幸平(弟)に

松本 駿050710_131901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート


ども、ども、ども。

野口 忍

小笠原 崇裕
色川 浩樹
が15秒差

山本 和弘(兄)に
山本 幸平(弟)がこのあとすぐ050710_131301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

野口 忍アタック050710_131101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート


ども、ども、ども。

野口 忍
小笠原 崇裕
色川 浩樹 の三人がパックで2周め黒森山山頂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート


ども、ども、ども。

野口 忍
小笠原 崇裕
色川 浩樹
山本 和弘(兄)
山本 幸平(弟)
白石真悟
松本 駿050710_124301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

小笠原 崇裕
野口 忍
山本 和弘(兄)
山本 幸平(弟)
白石 真悟
辻浦 圭一
松本 駿050710_123801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート

ども、ども、ども。

野口 忍
山本 和弘(兄)
小笠原 崇裕

黒森山山頂での順位
天気はパラバラ雨
路面はかなりマッド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖女子エリート

ども、ども、ども。

片山
田近
田崎050710_122701.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート


ども、ども、ども。

林道登りきったあたりで山本 和弘(兄)
辻浦 圭一
野口 忍
白石真悟
色川 浩樹
悟だそーだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖男子エリート


ども、ども、ども。

林道登りきったあたりで山本 和弘(兄)
辻浦 圭一
野口 忍
白石
だそーだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖

ども、ども、ども。

エリート男子スタート050710_121001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖

ども、ども、ども。

スポーツ男子050710_080001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖は


ども、ども、ども。

おもいっきり雨です
シトシト程度ではなくザーザー降り
タイヤはマッドしか考えられないでしょう
黒森山を全クラスと某所に書いたのは失敗鴨試練
カットの可能性もあるが
エリート男子だけという線も良い鴨試練

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/09

田沢湖コース


ども、ども、ども。

黒森山はショートカットと言うか
コーステープの張りが甘いので出来ます
っていうかヤルとコミッセールに言ってみた

テープを張り直すみたいな事を言っていたけど>レースディレクター050709_152601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DH男子エリート


ども、ども、ども。

またHONDAが勝ちました
しかもボディウム独占

練習量の賜か050709_171801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DH女子エリート

ども、ども、ども。

よめるかな?050709_171901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖


ども、ども、ども。

監督会議

スポーツ男子2周
スポーツ女子1周
エキスパート3周
エリート女子3周
エリート男子4周050709_170201.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食後は


ども、ども、ども。

デザートでしょう
パラソルおばちゃんのシャーベット

あ、その前にチキンラーメンもいっておいたあるよ
バナナも食べ放題050709_125901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼飯


ども、ども、ども。

会場近くの宝風
花山うどん
麺は稲庭うどんで細目
1155円に大盛り050709_121801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田到着


ども、ども、ども。

まだ天気は晴れ050709_091601.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

暗黒面から


ども、ども、ども。

田沢湖はアッチでとか思っていたが
なんか日曜日は

みたいなのでここでやります
携帯が繋がればね

予定していた荷物だけではアカン様になったので大わらわだがね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/06

しばらくの間

 ども、ども、ども。

もうがっかりで悲しいのでしばらくの間は暗黒面に旅立ってきます。

ひょっとしたら田沢湖からのもそっち系のBLOGでやる鴨試練

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/03

本日の松トレイル


ども、ども、ども。

ザックリと草刈
最近お世話になっている所なので

丁度、道祖神みたいなのもいらしたのでその前の草も刈ってみた

右端の岩の中にいらっしゃいます050703_104101.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/02

テンションが下がり気味

 ども、ども、ども。

そんな感じなんですのよ、奥さん<って誰に言っているんじゃぁ

何のテンションかといえばWRCだったりする。ここの所、このBLOGで結果とかに触れていないあたりからも察しはついていた鴨試練けど。 原因は「セバスチャン、強すぎ」

もう結末がわかってしまっているような事に高いお金と体力とテンションをかける気にならないのであった。 今年は青い軍団に混じってペターを応援とか思っていたのだが。

青森のJ、2週間をこなしたらそのまま戻って、という方向に傾いている最中。 ついでにスポーツデポの大会もあったりするし>9月はね ハローワークに通うあたりもよさげな感じになりそうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田沢湖攻略わたしゅう流

 ども、ども、ども。

参加受理書が来たのでかなり偏った攻略方法なんぞ XC限定ですが。

まずコースなんぞ。 古いスキー場ゲレンデコースです。ビンちゃん(ビンセント・フランガン当時はTREKの選手)がアドバイザーとしてコース設定関係していた頃のをベースにしている模様。

スタートすると軽いアップダウンの林道区間。登りが多めか。ここは自分の位置取りに重点を置く。またペース配分も要注意。なんせこのあと一気に林道で標高を稼ぎますから。 という事で登り区間に突入。 去年の9月に走った時は登り区間の道がかなり荒れていた。 台風の影響なのか大きな轍というか溝ができていた。そこは岩がゴロゴロだったのでその溝のどちらを登って行くかをこの前の区間で決めつつポジショニングしておくとよさげ。

ある程度登ったらシングルトラック経由でゲレンデに出ます。 出たら今度はリフトの下の登り。 傾斜が結構あるのでここまでで脚を使いすぎるとキビシ~~。 さらにこの後シングルトラックでの登りもあるでよ。 

シングルで登りきったらDHコースと立体交差あり。DHコースの下を通って気持ち下りでなぜか変更されない(取り難いのだが)オフィシャルフィードがある銀嶺ハウス前を通過。 もうちょっと登るとDHのスタート地点が右手にあるのだがそんなのを見る余裕もないままスイッチバックの登りと最後は真っ直ぐな登りで登り系の方、お疲れ様でした。下り系の方お待たせしました、出番ですの黒森山の下りスタート。基本的にはスイッチバックだす。

黒森山を下って駐車場の周りの道の反対側にある林の中のシングルトラックをうだうだ走って一度メイン会場に出ます。そこからさらに下ってキャンプサイトの下の結構テクニカルなシングルを通るかどうかは不明だがそのあたりを徘徊してメイン会場下の広場の端っこを走ってチームフィードを通ってスタート/ゴール地点に到着。

前半は登り系、後半は下り&テクニカル系という感じで分かれるコースでしょうかね。 登り系の人は抜く所はいくらでもあるけど下り系の人は試走時にしっかりポイントとなる個所をチェックしておいたほうがよさげ。周回数が少ないのでチャンスも少。多くのポイントを押さえておくべし。 特に土曜日の昼過ぎに走って出来ているであろうラインではない、隠れラインを要チェック。 雨で泥レースだとまた違ってくるのだが。 基本的には前ブレーキを最大限に使う事かな。後ろは減速ではなく車体制御くらいで。 気を抜くとパンクとかしちゃうので<ってそれは自分だけ? 特にシングルから出るときとかは注意。 

田沢湖といえば超有名な秘湯「鶴の湯」という宿があるのだが外来入浴は昼くらいで夕方は入れませんから。他を当たりましょう。乳頭温泉なので他にもいろいろなお風呂がありまっせ。 まあ無難に会場すぐの白沢温泉も白乳色な温泉だったりするが。温泉には困らない地帯ですわ。 たぶん今年もシンボルマークになるであおう「たっこちゃん」については一度、田沢湖周辺をうろうろしてみるとよい鴨試練。 たっこちゃん、噂によるとあの日本の最終兵器と呼ばれる「ガチャピン」とタメを張れるくらいスポーツ万能らしい

| | コメント (0) | トラックバック (1)

白鳥は7月15日まで

 ども、ども、ども。

だってさぁ。 これまたキツイのぉ

WEBからエントリーできるけどそんな環境が無い人に対してのフォローが無さ過ぎ感ばりばり。 っていうか白鳥はスポーツデポをやれているのだからぼちぼち一人立ちしてもよくなくない? その方が運営サイドがすっきりすると思うのだが。 そーすれば自分もあんな事やこんな事とかやらずに走れるのに<ってそれが目的だろっ

さのさかもどっかがやればコース設営に行かないで済み、あそこやあそこで仕掛けて楽しめそうなレースに参加できるのに<ってあんたがやらないとあそこやあそこは無いだろっ まあ、さのさかは無理だろうな。 たぶん赤字だろうから。 でも宿泊してくれる選手があそこは結構多いみたいなのでその辺でチャラとしているみたいなんだな。

ついでに、ここだけのお話。

8月20,21日に小中学生大会が白馬である。さのさかの会場からすぐの所にあるスノーハープで開催予定。 これを機にあそこにコースを設定してJなんぞという考えがJMAにはある模様。 去年もシングルトラックを造れないか見に行っているのだ。 白馬で2連戦とか言っていたあるよ。 そんなの選手的にはあり? お盆休みに前の方と後ろの方とかならよいのかな? 例えば今年のカレンダーだと7日と14日あたりとか。 白馬に1週間も滞在なんて。。。出来なくは無いか。結構涼しいし、避暑を兼ねてとか家族を連れてとか合宿のついでとか。 走る場所には困らない所ではあるし観光スポットも結構あるしな。

っていうかそんな事になったら自分が2週間居る羽目になるじゃん<やる気マンマンだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

ギリギリ?<申込書

 ども、ども、ども。

さのさかの申し込みがWEBからできるようになった。 またJMAのHPには申込書がアップされた。 それの感想が表題。 どーなのよ?参加する人の感想は?

自分はさのさかのレースには出ないので「なかなかアップしないねぇ」と他人事モード炸裂していたのだが。 もう出なくなって、5年くらいか。 あのゲレンデ登りが嫌で出なくなったのだが、なぜか出ない方がたくさんあそこを登っているというのはどゆこと? まあ、レースペースでないので楽といえば楽なんだが

さえ、今年もなんぞちょろっと変えたいと思っているコース。 焼け石に水程度くらいだが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »