« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

チャレンジしてみるしか

 ども、ども、ども。

何がかといえば携帯ムービー。

そのままではあかんみたいなのでメールに添付できない高画質で撮影して、それを変換してからメールに添付して送信。 で、WEBに行ってBLOGに貼りつけの段取り。

ってやっていたら1周で1度くらいしかできないな。 さくさくと編集&変換をかまして ある程度まとめて送信。 そして貼りつけくらいか。 BLOG中継だからそれくらいでもよいか。 速報は某タイヤメーカー様がやっていただけるでしょう。 

コースが短いとスタート直後のでも厳しい鴨試練。 たとえば箱館山とかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/27

連盟登録費

 ども、ども、ども。

公認レースに出るのなら各都道府県の自転車競技連盟に登録しないとダメなんだが その登録費の格差の大きさがありすぎなんでないかい?と思う今日この頃。

高い所だとどっか別の安い所に飛ばそうかという考えも出て来たりなんかしたりして。

どれくらい格差があるのかといえば 千葉の例がスドーマンの日記に出ていました。

継続で2,500円で新規でも3,500円。 愛知だと継続で6,000円の新規だと7,000円。倍以上ですな>継続だと。 

この金額に見合うだけの還元する活動を愛知県自転車競技連盟がやっているのか?といえば、お金を出している対登録者とするとやっていないでしょう。草レースをやってはいるが参加者の対象は一般だ。Jシリーズとかロードの実業団レースとかを積極的にやっているのなら多少は目をつぶれるがねぇ。 

気分的には愛知県で登録はしたくないと思い始めている今日この頃。

変な機関紙も無くなったし誰かに頼んで住所を貸してもらってそこで登録するか。

京都車連って登録費は高いのかな? 関西シクロとか頑張っているからなぁ 対 登録者にも還元する活動をしている車連に登録したいねぇ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/26

前途多難かな

 ども、ども、ども。

動画を色々とやっているが携帯、静止画は色々とシーンを選択とかできるが動画だとまったくできない。画質と録画時間くらいか

逆光だと誰が誰だか判りませんね。

あとかなりリアルタイムに近い感じでアップはしてみたものの一つをアップするのに結構時間がかかるのも問題か。静止画でも送信完了まで時間がかかる会場もあったしなぁ

動画も取り入れつつって感じになる鴨試練<いろいろ中継

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エキスパート


ども、ども、ども。

1位小笠原 崇裕(OGA-STYLE MOUNTAIN BIKE TEAM
2位鈴木 雷太(Team BRIDGESTONE ANCHOR)
3位辻浦 圭一(Team BRIDGESTONE ANCHOR)
4位松本 駿(TREK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスマンのメンテ講習


ども、ども、ども。

水抜き関係

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクール 乗り手の分


ども、ども、ども。

小笠原 崇裕(OGA-STYLE MOUNTAIN BIKE TEAM)はお客さんと化していました060226_125901.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクール後半


ども、ども、ども。

ぼちぼち慣れてきたかな?

講師も生徒も

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本 駿(TREK)先生


ども、ども、ども。

ハンドル幅について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後藤 清作先生


ども、ども、ども。

力説中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクール2


ども、ども、ども。

逆光で辛いっす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクール


ども、ども、ども。

スクール開始

鈴木 雷太(Team BRIDGESTONE ANCHOR)
辻浦 圭一(Team BRIDGESTONE ANCHOR)
松本 駿(TREK)
後藤 清作(TEAM GIANT)
小笠原 崇裕(OGA-STYLE MOUNTAIN BIKE TEAM)
と豪華デス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/25

2006年 JCF MTBJシリーズ日程

 ども、ども、ども。

こんなんですが。書いておくのであった

4月22日(土)-23日(日) Jシリーズ(Js)XCO#1
  愛媛県八幡浜市 市民スポーツパーク     
5月 5日(金)- 6日(土) Jシリーズ(J1)XCO#2 DHI#1
  滋賀県高島市 箱館山 
5月27日(土)-28日(日) Jシリーズ(Js)XCO#3
  宮城県仙台市 泉ヶ岳
6月 2日(金)- 4日(日) Jシリーズ(J1)XCO#4 DHI#2
  長野県諏訪郡富士見町 富士見パノラマ
6月24日(土)-25日(日) Jシリーズ(Js)XCO#5
  秋田県仙北郡 田沢湖町
7月 1日(土)- 2日(日) J3 4X
  三重県桑名市 Gonzo Track
7月15日(土)-17日(月) 全日本MTB選手権 XCO DHI 4X
  石川県白山市 瀬女高原
7月29日(土)-30日(日) Jシリーズ(Js)XCO#6 XCT
  長野県北安曇郡 白馬村 サンアルピナさのさか
9月 2日(土)- 3日(日) Jシリーズ(Js)DHI#3
  岐阜県郡上市 ウイングヒルズ白鳥
9月 8日(金)-10日(日) Jシリーズ(J1)XCO#7 DHI#4
  青森県南津軽郡大鰐町 大鰐温泉
9月23日(土)-24日(日) J2 DHI
  長野県諏訪郡富士見町 富士見パノラマ
10月21日(土)-22日(日) J2 XCO
  静岡県伊豆市 日本CSC

日時で注意する所を赤字にしてみた>箱館山と全日本。

Jsは思った通りか。いきなり八幡浜をJsにするのはちょっとびっくり、っていうか頑張ってね。Jsについてはこちら。前に書いたからここでは略。簡単に書いておくと国際ルールでレースを行いポイントもちょこっと多め。

XCマラソンという言葉が競技ガイドではまったく触れられていない。 去年、某氏が走ってコースを見たとか言っていたし、やる気がかなり見れたのに。 選手登録もする気が一気にダウン。

2007年の昇格降格基準も出ていますね>競技ガイド

固定ゼッケン所有者の数はさらに絞るこむ模様

XCでエリート残留が70位まで(今年は80位)。エキスパートから昇格してくるのは25位まで。

DHでエリート残留が50位まで(今年は60位)。エキスパートから昇格してくるのは20位まで。

エキスパート(XC&DH共通)残留が120位まで(今年は160位)。スポーツから昇格してくるのは50位まで(今年は80位)+エリートの残留できなかった方々

あと世界戦の参加資格者数が出ているが、JPNはなんか、めっちゃ枠があるのね。 枠を使い切ってでも派遣しないと、北京五輪の枠が得られない可能性ありだな。 2006-2007年の各国UCIポイント上位3名でのランキングで枠を配分するとか。 全体で男子が50名、女子が30名しか五輪では走れないとの事。 現在18位。単純にこれだけで判断すると男子はキツイね。上は3名くらいか、これがランキング10位までとするとこれで30人。2名が15位までとして10名。ギリギリ1名って所か。上を少なめに見ているからねぇ。上位は5名とか7名とかになったら確実に枠は回ってこないね。 JCF内で益々立場が無くなる

今回のトリノの結果も微妙に影響してくる可能性大かと思うねぇ。JOCが締めてくるんでないかい? 

企画だけではなくもっと実効性のある選手の強化をやってもよさげかと。 手っ取り早い所でレースコースをなんとかするとか。レベルアップしていくようにマンネリ化しているコースに対してもっと身体を使って指導なり造るなりして欲しいねぇ。言うだけなら誰でもできるから動いてね。 どーやらJCFマウンテンバイク小委員会に新しい人も入ったみたいだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/24

DHer全滅日程?


ども、ども、ども。

日程を見ての感想が表題

DHは4戦なのに9月に連戦なんてねぇ
イジメだね
これだけ日程発表を引っ張って調整してもこんなんですか
どう調整したか小一時間正座するから聞こうではないか っていう感じ

瀬女に全日本をやってもらう様に頼んでいただけ? とか想像

とりあえずJCFの人と一緒にされたくない
っていう所でJCFの役員(公認審判員)の更新は止めだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/22

やっぱ変

 ども、ども、ども。

さらに疑問に思ったので846の件を書いておく。

ゴールデンウイークの最終日にある846P的なXCマラソン。 

XCマラソンと言っているのに15kmのコースを使用して走行距離は60km。という事はコースの同じ個所を走るよね。 でもUCIのマラソンの定義として 「コースには、競技者が2度通過する場所を含んではならない。」 とあるからマラソンと言うのは良くない。

いや、846P的だからと言う逃げもある鴨試練が競技規則:UCIおよびJCFの競技規則に準じます。としているのならレースの命名も準じてもらわないと。参加者に間違ったインフォメーションをしている事になる。 名前の感じが良いからでは済まない気がするが。 今までだってマラソンなんて言い方を846P関係では使っていなかったとおもうが。100kmとか距離でやっていたはずなのになんかねぇ。

ま、Jシリーズの後だから登録者はあんまり参加はしないだろうけど。 少なくとも自分は土曜日で帰るでしょうな。 そんなに脚は残っていないとも言う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/21

やはりスーパーだ

 ども、ども、ども。

下の方に告知した2月26日のスーパーXC

どこがスーパーやねん。 みたいな事を某所で書いちゃったりなんかしたりしたけど、走る方々がスーパーでした。 鈴木雷太&辻浦圭一のブリジストンアンカー組にTREKの松本駿、独立した小笠原、後藤のジャイアント乗りなどが来るらしい

スクールみたいなのをやる予定らしいから出なくても見に来るとよいかもぉ スクールみたいなのはきっと無料だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/20

さらに追記

 ども、ども、ども。

仙台の決勝日のタイムスケジュールだが凄いね。

スポーツのスタートは7:30だって。 エキスパートが9:00でエリート男子が11:20。

15:00くらいの飛行機で帰れますな。

もしくは東海地方から車で遠征なら当日のうちに家に辿りつけますな。 一般クラスが始まるくらいに帰途に着けるから。14:00くらいから帰り始めれば・・・・

無理してJCFの大会をやって参加者を増やしている感じですかね。 地元の方々重視ならこんな中途半端にJCFのレースを入れなくても良いのにとか思うのだが。

だって、JCFのレースは競技大会というのがメインになっている訳で 地元とかの方々は楽しみ、ファンライドの延長のレースなので混ぜるとごちゃごちゃになってよくないと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/19

変則的な日程の箱館山

 ども、ども、ども。

日程には5月5-7日と書いたけど Jシリーズ的には5月4-6日というのが正解でした。

申込書を良く見たらそうなっているあるよ。

DHの決勝が5日(金)でXCの決勝が6日(土)でした。 JMAの方にも書いておいたほうが良さげなのかな? ま、いっか。そのうち気が付いたらにすっか。

日曜日の7日はXCマラソンというのをやる事になっています。 でもこれはなんちゃってXCマラソンというか、JCF非公認のXCマラソンですな。

なんとなく一般的にも同じ所をぐるぐる周回するのっていうのは陸上競技でもマラソンには属さないと思うのだが、MTB的にもその流れでマラソンは周回しないという規定が国際的なルールとなっている。 でもこの箱館山のは15kmのコースで行われるみたいで、走行距離は60kmという事なので周回しますな、たぶん4周<多分は要らないでしょ。

せめてMTBマラソンにするとかして混同しないようにという考え方は・・・ないか。 っていうかDHマラソンというのをやっているからそれに対してXCマラソン。 アバランチェというのも使っているか。DHはそっちで統一してXCっぽいのはXC以外のを頭につけるとかすればよさげなのに。 思い付きでやっている感がありありだな。 重ならないようにちょころびっと配慮なんかしたほうが良さげだが。 もしくは唯我独尊でいくのならJCF系の大会を併設しないとかね。同じ所で同じ期間内独自のヤツとJCFのヤツをやると余計にごちゃごちゃになってしまうじゃんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

846のは

 ども、ども、ども。

大会参加受付が開始されている模様です。

http://www.846.info/calender06.htm

仙台はまだみたいだが箱館山はもう申し込みできるみたい。

っていうかまだカテゴリー認定についての、っていうか2006年の競技ガイドが着ていないのに申し込み開始ってどゆこと? 正確には、申し込み開始時期なのに競技者向けのガイドが出てこないというのは問題てんこ盛りではないのかいな? 

やはりまた去年みたくなるのでしょうか。

ま、JMAの掲示板に書いている選手と思われる方々も毎年同じ繰り返しな気もするのでどっちもどっちだな。 っていうかこの場合は類は友を呼ぶというべきか?

846Pスタッフ募集とかHPに出ているがこっちも誰か辞めたのかな? みなさん大変ねぇ

とか書いてみたりなんかしたりして

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/17

予定

 ども、ども、ども。

シーズン前にはここのデザインを変更予定。

レースの翌日の月曜日に会社でも見やすいように、ちょころばびっと地味にしようかと。

あと、自分の事はほとんどココに書いていませんが自分のレースレポートはもちろん、エリートさまのレースについても言いたい放題系なのは某mixiの方に移動。

当たり障りの無い程度のなら書く鴨試練。

あ、mixiに入ったとしても自分の所は見れません。 書きたいように書くつもりなので。

ま、代わりに動画にチャレンジしようかと思っていたりなんかしたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/14

どーなることやら

 ども、ども、ども。

まだ競技者向けの2006年ガイドが着ませんね。 まあ日程があんな中途半端な状態なら当たり前か。 これだとまた去年みたく開幕からしばらくは混乱する鴨試練。 登録手続きしていないとレースに出られてもポイント無しとか最悪レースに出られないとか。

さらに去年、自分が見かけたJMAの人は会長、事務局長とあと一人なんだが、そのあと一人の方がJMAを辞めるらしい。 もうすっかり選手の名簿が頭に入っちゃっている感じの人でした。 参加者の入力をやっていれば嫌でも覚えてしまうか。 

JMAはJCFのカテゴリー認定関連もやっているから去年以上に混乱するね、間違いないっ

動ける人はカテゴリー申請方法が出たら速攻で手続きを完了したほうがよさげ。

特に八幡浜や箱館山に出る方は。

去年、参加できないとか言われたのは富士見だったっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/12

天下ライドスタート


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年のWRC映像

 ども、ども、ども。

http://www.gyao.jp/sports/wrc2006/

ここでやってます。去年まではテレビ東京系で放送していましたが、毎日新聞がラリージャパンから撤退したのに歩調を合わせるかのように今年はやらないみたいで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画で

 ども、ども、ども。

今期用の実験中。

動画で速報をやってみようかと考え中。 現状では動画をBLOGに貼り付けるサイトに自分の携帯では入れないのでPCサイトビューアー付きのに機種変更の必要があると思われるが。

サイトの方のを消去してみたらBLOGのもやはり消えるのね。 ま、サイトの上に新しいのがあるからなんとかなるか。

あとは動画の質がこれで良いのかどーか。一応自分の携帯では高品質モードのLサイズとMサイズでやってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下ライド8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下ライド7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下ライド6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下ライド5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下ライド4


 ども、ども、ども。

某エリートさまの後姿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下ライド4-1



 ども、ども、ども。

某エリートさま<某の意味無いやん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下ライド3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下ライド2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下ライド1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/10

XCマラソン

 ども、ども、ども。

はてさて、表題のヤツはどうやるのやら。

個人的な意見なんぞ書いちゃったりなんかしたりして

まずは選手権大会という事で未登録者にはご遠慮頂く。 参加資格を要登録とする。 未登録ないわゆる一般の方々は前の週にある王滝の方に行ってもらって、初のJCF公認XCマラソンはJCF登録者のみで少ない牌を王滝のイベントと上手く分け合わないと。

スタートリストはナショナルランキングだけでやるのがよさげかと。 多分選手権大会だからカテゴリー分けは年齢別だろうけど、一斉スタートになると思われるのでエリート、エキスパート、スポーツの順に並んでというのがよいかと。

もしくはシニア/エリート U-23 ジュニア マスター 女子 の順で各カテゴリーのスタート時間を10分くらい間隔を空けるとか。

ルールはよく読んでいないけどフィードとかってあるのかいな? あるなら大変ね<他人事モード炸裂

マーシャルとかもどうするやら。王滝はセルフディスカバリーとして全部自分で責任をもってやれ的だが JCFはそうは言ってられないでしょう。 そのへんをどう対応するのか見物<他人事モード炸裂 その2

コースの良し悪しは翌年の参加者数に響くし一発目だしでかなり重要ではないかと。 きちんとしたコースセッターを使って欲しい所<他人事モード炸裂 その3

しかし、どこが運営やるのやら。JMAだったらヤバイな。もう一箇所ヤバイ所があったりするが。他人事モード炸裂のはずが全部振りかかってきたりなんかしたりして

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/09

ごーいんぐ まいうぇい

 ども、ども、ども。

パワースポーツの大会予定を聞いての感想>表題

パワースポーツといえばMTB乗り的には王滝の大会が有名か。

その王滝、今年は6月と9月に開催予定。

6月が最初の週末で9月か3連休の去年と同じ所

有り得ねぇ~~~。

6月はバッチコーンとJ1富士見とバッティングしている。まあこれは参加者層が違うからよいだろうけど、(100KMまでしかないし) 120kmがある9月はJ1青森はモヤヒルズとバッティングするはず。それだけならまだしも、その翌週はUCI XCマラソンの各国選手権指定日で、日本ではJCF初の公認XCマラソンが長野は富士見で開催予定。

狙う人は出ないと思うが>120km 

まあ、パワースポーツは有名選手を参加させたい的なことは考えていないんだろーね。

でも、耐久系のMTB乗り人口数はさほど多くは無いので牌の取り合いになるのは必至。さらにコース自体の評判はさほど良くないみたいな王滝はちと辛い鴨試練。

エントリー数が抑えられてよいという見方もありか。 去年は速攻で定員に達したらしいし。

ちなみに、自分は王滝(近いけど)は最初から興味なしだし、モヤヒルズはもういっか、と去年がっつり思ったので多分行かない方向になるかと。コースもマンネリ化してレベルアップなんて単語は知りませんみたいなぁ。

XCマラソンは色々とありそうなので結構楽しみ。 どーやるのやら&どーなるのやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/05

スーパーXC2006(2月26日)

 ども、ども、ども。

今年も恒例の大会あります。

愛知県は新城市で行われるスーパーXC

1周10kmの林道オンリーなコースで初級者向けかな、本当は。 でもシーズン前のこの時期、登録者が自分の状態を確認するのにも利用されている大会でもある模様。 よく上位のエリート様も参加されています。 今年も予定しているみたいだ。

今年 ゼッケンが黄色ゴールド、表示が番号ではなくて英字表記なエリート様も来るような話だ。

日時:2月26日(日) 8:30~9:00受付 9:30スタート予定

場所:新城富岡 大原調整池周辺(東名高速新城サービスエリアあたりともいう)

クラスはエキスパート4周、スポーツ2周、ビギナー1周、レディス1周 小学生以下3/4周

女性と18歳以下は3000円。他は4000円

詳しくは http://countrymorning.com/

問い合わせ先 counmor@d3.dion.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/04

一騎撃ち

 ども、ども、ども。

ローブとグロンホルムの対決の図式になってもうたね。またはシトロエンVSフォード。 SUBARUはどっかに行ってしまった感じだ。 っていうかペター飛びすぎるなよっ 初日から

今週末はWRCのスエディッスラリー。伝統的にスカンジナビア半島の人が勝っていたがローブが初のその他の地域出身ウイナーなのだ。

グロンホルムが今期2連勝と波に乗ってしまうのか。はたまた一応プライベーターだが強いシトロエンクサラなローブが勝つか。見物だが見れないのぉ WRC+にすれば見れるけど。そうしたらWRCの週末は自転車に乗れないじゃんね。

ヨーロッパだったら深夜に見て起きられないし、時差が少ない所だと走れる時間とぶつかるし<あんたは夜、走れるやん。N.S.T

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/01

エリートゼッケン

 ども、ども、ども。

トリノ五輪のボブスレー2人乗りの出来事は怖いねぇ。 日本のXCは端から各大陸枠狙いがJCFの方針みたいだったから、選手の総数制限で大陸枠が無くなって行く可能性は考えないとあかんね。もっとワールド杯遠征する選手をサポートするとか国内でUCIポイントの付く大会をやって国別ランキングを上げるようにでもしないとロンドンとか、下手したら北京での枠すら取れないとか想定しておかないと(アジア分は開催国の中国が使うという事にされて)

で、一応、JCFも形だけだろうけど(と煽ってみたりしつつ)エリートのゼッケンについてのみスポンサーの管理をするという事です。 早い話が大会でゼッケンスポンサーを見つけてきてもJCFにお金を要れないとエリートのゼッケンにスポンサーステッカーは貼ってはダメと。

ゼッケンスポンサーというと仙台のVAAMとか田沢湖のtaihei建設、白鳥のadidasあたりか。で、エリートにも貼ってほしいとJCFに払いこまれるお金は選手強化費という名目になるらしい。役員の遠征費にならない事を祈る。

田沢湖のゼネコンは仕事の為だから大会サイドにお金を入れられればヨシだからないか。adidasはデカイからエリートにも、っていうかエリートだけでもよいから貼らせたいかな。 VAAMは微妙か。見栄が勝てば払って貼らせるか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »