« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

どっぷりと

 ども、ども、ども。

WRCに浸っているGWだったりして。

ちょうどアルゼンチンのイベント中。ぼちぼち最後のSSがスタートかな。 時差は12時間か。そこそこというか漸くSUBARUがポディウムをゲットできそうな感じ。

あとフォードのM.Gronholmがめっちゃ飛ばしているみたいなのがタイムを見ているだけだが面白い。 WRC自体 そこらあたりで競うからねぇ DHちっくですね。 

箱館山の参加受理書も届いたし、そっちの準備もやらないとあかんのだが。 っていうかまだXC車はバラしたまんま。

そうそう、箱館山も監督会議の場所が会場内では無いッポい 今津運動公園ゆめの会議室ってどこ? まあ、これは見て直ぐに会場外と解るから良いけどね。調べる時間もあるし。 なんか残雪があるみたいですね。日曜日のイベントのコースが未定だとか。

天気も微妙になってきたしマッド系のタイヤがいる鴨試練。

けど、八幡浜であのタイヤで走れたからあれでヨシとするか。 あんなにドロドロになりそうな事はないだろうし。あ

毎年、ボロクソに言われる箱館山のXCコースですが(って言っているのは自分だけ?)今年はどーなるのでしょうかね。 工事スタッフを募集かけていたみたいですが。ベースがXCスキーのコースなのでそんなに手を入れられないというか、やり始めたらかなり大変そうですかね。 特にあそこはシングルトラックの設定がねぇ。 八幡浜でもそこそこの、許容範囲内の渋滞で済んだけど去年の箱館山は酷かった。 高速な下りから一気に低速な登りのシングルに切り替わる設定だったので無理があったのよね。 沢山のお客が一斉に来るのにレジが1つしか開けていないみたいな感じ。

もう今年で3年目だからぼちぼちその辺りも理解してよくなるのではないかと。  っていうかやっている所はもう業界でも先駆け的な所なんだからそれくらいは最初からやれて当然という考えもできたりなんかしたりして。 

岩岳を思い出せば、似た感じもあるから 考えが古いの鴨試練。 渋滞はあって当たり前的な。 極力流れるようにする事をやらないみたいなっ。

っていWRCネタで終わろうとしていたのだがいつのまにか (以下略) あ、スタートしたかな?

| | コメント (0)

2006/04/28

試しに

  ども、ども、ども。

上手くいくのかな? 貼り付けでやってみる

最終周回の山本幸平(国際アウトドア専門学校)@今年はアンカーなのね

| | コメント (0)

だめじゃん

 ども、ども、ども。

JMAの掲示板にここのアドレスを張ったからちょろと整理しておくかと見ていたら山本 幸平(国際アウトドア専門学校)の動画が1つ無いことに気が付く。

これはあかんと動画のサイトにいったらリニューアルしていた。 まあそんなことはおいておいて動画をワンクリック投稿の手続きをした。 だがしかし ごらんのとおり貼られていない。 3回ほどやったがダメ。 しかも携帯から前は行けたのだがリニューアルしてからは行けないようになってしまった。 説明を読むと自動的にBLOGに投稿するようにもなると書いてあるが設定しないとあかんのだがその設定に行くのが工事中。

動画の中継は ドキドキして心臓に悪いとか わくわく感がないとか リアルすぎて思考がストップするとか 色々な意見があった。 が、箱館山では出来ない模様。

無難に今まで通り静止画で行く予定。 マキシスが来ないみたいだし 

トップは他がすぐにフォローするだろうからその辺りはそこそこにして熱い走りをしている選手とかをできるだけ取り上げていこうかと思っている次第。

| | コメント (0)

2006/04/27

八幡浜の感想

 ども、ども、ども。

大会の感想を独断と偏見に満ち溢れる感じで書いてみる。

良かった所

Jシリーズ以外のイベントが凄かった。 とくに大会会場までのウォーキング大会は感心しまくり。アップがてら会場までの登りを登っていたらウォーキングの小学生に「練習がんばってください」と声をかけてもらったあるよ。 思わず「ありがとうございます」って敬語を使ってしまった自分はどーなんでしゃろかいな?

これで観戦する一般の方が増える。 しかも大会会場がゴールというだけではなくて屋台やらバザーやらで観戦以外にも滞在して楽しめるようになっており、レースに興味がなくても楽しめたのではないかと思う。 レースを見て楽しめた人もいるとよさげですが。

コースもシングルが楽しいのは評判とおりですが最初の舗装路の登り区間。高さ1mくらいのプラスティック製のフェンスでコースを完全隔離。コースを横断できる箇所を制限して人の流れをコントロールできていた。J2の時よりパワーアップしてますね。 この時用に新調したっぽい。

さらに運動場から出るところはJ2の時は普通の出入り口から出るコースレイアウトだったが今回はその出入り口の横のフェンスを1区画とっぱらってました。一体幾ら掛かるやら。

参加賞にカレーorうどんの無料券が入っていた。 自分は有り難かった(でもエリート様方は使えなかった鴨試練けど) それに屋台の海鮮丼は美味しかったデス。

オフィシャルフィードは可愛い系の娘でよかった<そんな評価あり?  それなのにボトルの渡し方はめっちゃ上手でした。 チームフィードでばたばたしていた人は見て勉強したほうが良く無くない?とか思った。

地元のバックアップが他の大会をぶっちぎる凄いパワーでした。 長く続く事を祈りたい所

さて、悪かった点

タイムスケジュールは最初から無理がありすぎ。 特にスポーツのスタートからエキスパートのスタートまで75分っていうのはどーよ? フルコースならありえないのではないかと。1周30分くらいかかるのに。 1周30分として2周目に入れるのはスタートから54分経過した時点の選手まで。 で、残りは21分。 1周54分もかかったのにそれは無理でしょう。50%で脚きりしても1周45分で回ってきた選手が2周めに入るから同じペースで走ったとしても90分ですね。 ダメダメやね 実際 脚きり場でチェッカーを振ってゴールとしていましたが理解できなかった&いまだに出来ていない選手もいることでしょう。

土曜日 雨 日曜日は午後から回復という天気でエキスパートの周回数を予定していた4周から5周に変更って コースコンディションを把握していたらこれもありえないと思うが。ついでに書けばエキスパートはロックセクションをカットに。すると若干距離が伸びるのでますます+1周なんてありえない。 結局スタート前に4周に変更されたけどね。 それでもエリートは30分遅れのスタートになったよ。

この辺は監督会議に出て意見しろと言われたけど、監督会議の場所が会場内ではないのなら、またそれが事前に決まっているのならその場所の地図くらいパンフレットの載せてあっても良いのでは? 掲示板に貼ってあったらしいけど 監督会議の参加者の数を見たら同じように思った人は他にもいるのではないかと。

個人的な考えだけど一般の人が観戦する事を考えたら1周の距離は短めにして観客の前を数多く選手が走る方が見ていて面白いと思う。去年のJ2のレイアウトをたたき台にすればよいのが出来るはず。 さらにタイトなスケジュールも組みやすいと思う。

あと、指定された場所以外でキャンプとかしていた方々が居たみたいですね。指定された駐車場がドロドロだったので、真面目に指定場所でという方々が損をした風になったのではないかと。 やった側のモラルの問題だけど主催者も注意をする事も出来たのでは。強制排除くらいやれると思うが。

思ったよりスポーツクラスの参加者が伸びませんでしたね。他の大会を見てみないと判りませんが登録者の減少なのか 四国に渡るのを躊躇った選手が多かったのか 他にも原因があるのか さてどれが該当するのでしょうかね。 もっと開幕戦の重要性を訴えておくべきだったの鴨試練。

| | コメント (0)

2006/04/26

おや?

 ども、ども、ども。

八幡浜の事 良かった点、いただけなかった点なんぞ書こうかと思ったが、XC4戦DH2戦の富士見パノラマの申込書が着た。

で、表題へGO!!!!!!!

申し込み先がいつもの所ではありませんね。 っていうか住所は一昨年と同じよーな記憶が。 ブリッジ・エンタープライズですか、そーですか。

さて、どんな大会になるのやら。a.b.cCUPとかも併催するみたいだからきっとJMAにベッタリなんでしょうな。

仕事でMTBのコースとかの設計もやるらしいので自分みたいなのが考えるのよりまともなコースになる事でしょう。 とりあえず 参加してみますかね。

| | コメント (2)

2006/04/25

携帯動画中継

 ども、ども、ども。

重いね。 実際の話、どーなんでっしゃろね? 見ている方々は。 綺麗に写っている写真の方が良いのかな? それは他がやるだろうから違う事をやろうと動画にしてみたのだが。 まいったね。

今回のやり方は 携帯で動画を撮影。これをメールに添付してモビゾーに送信。

するとそこでBLOGやらに掲示できる形にしてくれるのでそこで貼り付けるタグを発行してもらうか予め登録したBLOGにワンクリックで貼り付けてもらえる。

ワンクリックに対応するBLOGがここのココログだったので継続してここで中継をやっていたりする。

だもんでメールを送信した後モビゾーのサイトでちょこっとクリックしないとあかんのだがそれをやる分時間と手間がかかる訳やね。ある程度テストはしていたのでやりながらコツを掴んではきたけどなかなか大変。

箱館山は去年も電波の入りが悪かったにゃ~ ぶっちゃけ箱館山以外はau強しデス

| | コメント (2)

2006/04/24

他は?

 ども、ども、ども。

マキシスとTREKに中継を振ったのだがマキシスはやらなかったのかよっ。 そーいえばマキシスのブースは見かけなかったよーな。 仙台からとさっき見てきたら書いてあった。って箱館山も無しですか。 TREKは結果のみですね。 経過が面白いのにねぇ。

今回はいつもは飛び出して後続とのタイム差をじわじわ独走でつけて圧勝というパターンが多い野口忍(TREK)が最後に追い上げて勝つという王者みたいな<みたいでなくってJシリーズチャンプだよっ 勝ち方でした。

山本兄弟は後方からの追い上げに屈した形で終了してしまいましたね。 兄貴は2位だし弟は4位だし。 

J-sという規則でテクニカルアシスタンスが導入予定という話だったが今回は無しでした。これを使いたかった雰囲気がTREKグループチームにはあったみたいね。BLOGをみるとね。 マラソンも去年あんなにやる気だったのに無しになったからそれくらいは想定しておかないとあかんの鴨試練。 ま、JCFだしね  とか書いてみたりなんかしたりして

でもTREKグループの4名中3名はたぶん自分の所のタイヤを使った模様。で皆後ろをパンクさせていました。松本駿なんかチームフィードでタイヤを外してリム走り開始。 それに対して勝った野口の足元は昔からパナレーサー。しかもまだ現役で使える炎の泥職人(ファイヤーマッドPro) 岩岳で初めて使ったとき感動したね。っていうくらい昔にリリースされたのにトップカテゴリーの勝者が使うなんて、Jシリーズを語る上で外せない名品ですな>泥職人

どっか、売っている所ないかなぁ

自分のは今回の試走中に一部裂けて中からチューブがこんにちわ って。 しかもノブももげてきているし安心して使えないようになってもうたあるよ

| | コメント (4)

2006/04/23

八幡浜エリートゴール5


ども、ども、ども。

5位 白石 真悟(シマノドリンキング)

| | コメント (3)

八幡浜エリートゴール4


ども、ども、ども。

4位山本 幸平(国際アウトドア専門学校)
トラブル?

| | コメント (0)

八幡浜エリートゴール3


ども、ども、ども。

ポディウム最後は小笠原 崇裕(OGA-STYLE MOUNTAIN BIKE TEAM)

| | コメント (0)

八幡浜エリートゴール3


ども、ども、ども。

ポディウム最後は小笠原 崇裕(OGA-STYLE MOUNTAIN BIKE TEAM)

| | コメント (0)

八幡浜エリートゴール3


ども、ども、ども。

ポディウム最後は小笠原 崇裕(OGA-STYLE MOUNTAIN BIKE TEAM)

| | コメント (0)

八幡浜エリートゴール2


ども、ども、ども。

ゴールした勝った野口 忍(TREK)と2位山本 和弘(マキシス・キャノンデール)

| | コメント (0)

八幡浜エリートゴール


ども、ども、ども。

山本 和弘(マキシス・キャノンデール)
追い付けませんでした

| | コメント (0)

八幡浜エリート最終周回8


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート最終周回7


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート最終周回6


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート最終周回5


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート最終周回5


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート最終周回3


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート最終周回 2


ども、ども、ども。

山本 和弘(マキシス・キャノンデール)追えるか?

| | コメント (0)

八幡浜エリート最終周回


ども、ども、ども。

野口 忍(TREK)

| | コメント (0)

八幡浜エリート4周目


ども、ども、ども。

中根くん頑張ってます

| | コメント (0)

八幡浜エリート4周目7


ども、ども、ども。

復活? 先生

| | コメント (0)

八幡浜エリート4周目6


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート4周目5


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート4周目4


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート4周目3


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート4周目2


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート4周目1


ども、ども、ども。

山本 和弘(マキシス・キャノンデール)と
野口 忍(TREK)のトップ争い

| | コメント (0)

八幡浜エリート3周目9


ども、ども、ども。

リムで走ってます堂城 賢(GARY FISHER)

| | コメント (2)

八幡浜エリート3周目8


ども、ども、ども。

言ってますね
別名 あそびじゃない人

| | コメント (0)

八幡浜エリート3周目7


ども、ども、ども。

組長 ゴー5ー

| | コメント (0)

八幡浜エリート3周目6


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート3周目5


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート3周目4


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート3周目3


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート3周目2


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート3周目1


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート3周目2


ども、ども、ども。

| | コメント (0)

八幡浜エリート2周目


ども、ども、ども。

セカンド

| | コメント (0)

八幡浜エリート2周目


ども、ども、ども。

トップ

| | コメント (0)

八幡浜エリート2周目


ども、ども、ども。

トップ

| | コメント (0)

八幡浜エリート


ども、ども、ども。

スタート
天気は雲
気温が上昇
泥がこびり付く感じ

6周です

| | コメント (0)

八幡浜スポーツ女子


ども、ども、ども。

女子は10名

| | コメント (0)

八幡浜スポーツ女子


ども、ども、ども。

女子は10名

| | コメント (0)

八幡浜スポーツ


ども、ども、ども。

スタートから最初のシングル入り口

| | コメント (0)

2006/04/22

せいわ旅館

せいわ旅館


ども、ども、ども。

かなりポイント高いっす
風呂もなかなか

しかもリーズナブル
カレーにちらし寿司にエビふりゃ〜イ

| | コメント (0)

休憩


ども、ども、ども。

瀬戸大橋の途中デス

| | コメント (0)

BLOG中継

 ども、ども、ども。

TREK系のBLOGです。今年から中継をやるとの事です。http://www.trekbikes.co.jp/race_news/iwasaki/ 

こちらは王道のマキシスの中継 http://www0.yapeus.com/users/maxxis/

だんだん色々な所がやるようになってきましたね。 探せばもっとある鴨試練。

携帯からメールを送信するだけで更新できるBLOGはたくさんあるのでちょこっと写真を撮ってそれを添付して送るだけでBLOG中継ができますよ。 さあ、あなたもれっつ・ちゃれんじ  それには会場にいかないと行けませんがね。

と、BLOG中継が活発になればなるほど雑誌のレース記事は厳しくなりますね。 レースの話はいわゆる「なまもの」ですから鮮度が第一。 BLOGには到底勝てません。 するとBLOG中継では書かれないかなり突っ込んだ部分とか実はこんな事が的なのを記事に出来ないとダメでしょうね。 どーやら現状では出来ないみたいですが。 レースが終わって時間が経っても読みたいと思わせる文章を構築できないとねぇ。 レース後1週間以内くらいに色々なレポートとかWEBで読めますし。 中には辛口なのもあるとかないとか

もし、ここの更新が無いときは上記の所で開幕戦を堪能してください。とか書いてみる

| | コメント (0)

2006/04/21

2006年の開幕ですな

 ども、ども、ども。

スケジュール的には本日からコースオープン&受付開始で今年のJCFのイベント開幕

気合が入っている方々はもう到着しているのでしょうか。 まだ現地に着いてはいないけどこれから出るという方々もいらっしゃる事でしょう。

下道信者の自分的にどーしても高速を使わないと辿り付けない四国はちょっと単独では行き難いにゃ~。 という事でどっかのグループに紛れこんで今年は四国に上陸予定。その道中はいつものとおりのmixiなんぞに。 あ、ひょっとかしたら速報もそっちにとかね。気分次第という事で。 

|

2006/04/20

小細工

ども、ども、ども。

今年の小細工でございます。ゼッケンホルダーです。 ピントが合っていないが気にしないように。適当に撮ったもんで

軽量化命な人的にはありえないだろうけどね。

あの辺りは優良な有料スペースらしい。 ゼッケンのBIBナンバーの下のスペースは有料で勝手に個人的なのを貼るのはダメですからその下に個人的なスペースを作ってみた。

オーガナイザー向けに書くとこれだとエリートのゼッケンの下、JCF管轄なスペースではないので他のクラスを共通なスポンサーを探せます。 プレートを作るのが厄介鴨試練がXCならそのプレートの裏に計測用のタグなんそ仕込めば全員装着してくれますね。 スポンサーがいれば料金はまるまる頂きっ ですし良くなくない?

ちなみに自分のはゼッケンにぶら下がっているのではなくゼッケンが見やすい状態をホールドしてます。ブレーキホースに止めてあるからゼッケン無しでもあの位置にあるのだ。 という訳でゼッケン自体に何も加工等施していないので無問題ですね。

小細工とりあえず、お世話になっているショップと今年着用予定のジャージメーカーのを貼ってみた。 まだ空きがありますね、 とか書いてみたりなんかしたりして

| | コメント (3)

2006/04/19

誰のせい?

 ども、ども、ども。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/38/7330/38204.html

雨を呼びこむ人がきっと参加するのでしょう。 きっとアイツだという人があなたの周りにもいる筈。

逆に晴れしか経験がないという人も居たりして。 この2つのタイプの方々のバックについているモノの攻防といった所でしょうかね。

ドロドロになって下りは乗れないよぉ とかなると自分的には有利なんだが八幡浜は乗れなくなる個所はなさそうだにゃ~。 木の根っこがいやらしい演出をしてくれる鴨試練けど。

そーいえば参加受諾書に 

環境センター敷地内は夜間立ち入り禁止です!!

と書かれています。 さて、これはどこまでを指すのでしょうかね?  グルメひろばとかが開催される所は南環境センター 普通に考えればあの辺りは環境センターの敷地内で選手駐車場も夜間立ち入り禁止っぽいが どーなんでっしゃろかいな?

ぶっちゃけはっきりと書けばよいのに

大会会場内(駐車場等)でのキャンプ、車中泊は禁止です  って。

| | コメント (2)

2006/04/18

八幡浜の受諾書

 ども、ども、ども。

着ましたね>表題の物

イベント盛りたくさんですね。 Jシリーズで一番鴨試練

中でも個人的に注目しているのはグルメひろば

日曜日だけなのかな? メニューもいろいろあるみたい。 で、某スタッフのお勧めは

海鮮丼 by漁協婦人会 400円  美味しくないわけがないではないですか<ってどっち?

たぶん、名物のジャコ天とかの屋台もあるんだろーな。 うどんもカレーも 特選豚肉BBQとかも書いてあるにゃ~(まったり)

と、一体あんたは何しに来たの?状態になりかねないデンジャラスZONE

エリート様的にはきっと卓袱台があったら引っくり返したくなる鴨試練

予定時刻が日曜日の10:00~14:30<一番大事な時間帯ですね<ってエキスパートのスタートは10:00の予定ですが<が~~ん。マジで? 脚きりは早(以下略)

| | コメント (0)

2006/04/17

コミッセールへの道??

 ども、ども、ども。

さて、色々と書いてきましたが やはりコミッセールをやっていての一番の楽しみは話によると毎晩行われるという飲み会なんだそーだ。 飲みすぎて(以下略)  という事になることもあったりなかったり。

特にさのさかはメインのコミッセール以外のスタッフにもコミッセールができる人とかが多々前日とかからいらっしゃるので年に1度の宴会になって結構騒いじゃったりするとかしないとか。 あまりにエスカレートして某チームの宿に押しかけたりした人がいるとかいないとか。 自分は飲みませんがそれを見ているのもこれまた一興だったりするとかでココ数年スタッフサイドに回っていたり。 

興味のある人はこのさのさかのボランティアスタッフあたりから始めるとよさげ鴨試練。

現地での宿泊&食事は無料ですから。 そう大変な事はないと思う。 で上記の様子をこっそり観察してみるとか。 そして別な会場での監督会議に出てみると別人?なんて思う事がないとかあるとか<最後は引っくり返してみた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/16

もういくつ寝ると

 ども、ども、ども。

開幕戦ですね。しかも八幡浜。四国についにJシリーズ上陸。これで北海道から九州まで制覇した事になりますね。 ってことで自分も全国、あちらこちらをうろうろした事に。 

今年の特徴は適当に色々とやってみるが、気が向かなかったらやらない可能性 大

中継もやる気は50%くらい。 お仕事でやっているマキシスの方をみてくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

コミッセールへの道?4

 ども、ども、ども。

資格も取って登録したらこれでコミッセールが出来る。

はずだが、実際問題、大会を5人で見ないとあかんのでやれるとは言い切れない。 コミッセールに知り合いとか、JCFの人が知っているとかしていないと厳しいでしょう。 

まあ、2級ならインターンとかで実際現場で実習する形になるのでその時に評価が出るでしょう。 そこでよい働きをしておけば 指名も取れるはず。 逆に変な事とかやらかすと要注意人物リストに入って人手が足りないのに「間に合っています」とか言われてしまう鴨試練

3級でも会場とかでコミッセールに対して自己PRをしていくという手もあるか。

一番 暇そうなのはチーフですかね。 逆にチーフが忙しそうにしている時は問題が勃発している時なので周りはみんな巻き込まれている可能性大だから近寄らないのが賢明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/14

コミッセールへの道?3

 ども、ども、ども。

2級ですか。 コミッセールのお手伝いとかやっていたらさほど難しくはないでしょう。 ただそんな経験が0だと かなり難関。

講習会では座学もあるけど会場である場面において役職を与えられて その場を仕切りなさい みたいなっ 事が多々やらされます。 この辺りに経験が。

なのでインターンで色々と経験しておかないと。 自分は4Xがダメでしたね。 っていうかあんまり興味ないし。

インターン経験はなかったりした自分だが インターンではなくパシリで白鳥やらさのさかやらで仕事したり 富士見でマーシャルをやったり 選手でも走ったりしたからXC&DHはなんとかなった。 

まあ、去年は2級の試験はあったが(一昨年のシーズン中に2級を受けるからと小委員会関係者に言いまくって やるように仕向けていたりして)今年はありませんでしたね。

2級が取れればもう楽にコミッセール入りできるはず。 やりたいと言えば良いだけ。 JCFへの事前の根回しをちょこっとやっておくとさらに良いか。 万全を期するのならMTB小委員会へも(ここの委員がチーフをやるだろうからその辺の推薦があると良いのだ)

1級以上は知りません。 きっともっと上から大会全体を見渡してコントロール出来るレベルを求められるのではないかと思われる。 チーフを普通にこなせるレベルでないと無理ですね。オーガナイザーやら地元の実行委員とかとも上手く付き合える方でないと厳しい鴨試練<あんたは無理ね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/13

コミッセールへの道?2

 ども、ども、ども。

さ~~ていくつまで続くやら。

本当は豪腕な権力があるが使わない?使えない? コミッセールの方々。 アレだから前者にしておくか。

対立の図式になってもこの多くない競技者人口では意味を成さないという事で仲良くやりましょう、みたいなっ。 そんな方向ですかね。 中には鬼を呼ばれている方も居りますからやらかす人は要注意。 特にフィードで補給作業をする選手じゃない方々ですよ、注意するのは。 そうそう選手はやらかさないから。

さて、豪腕な方々なだけに手当てはたんまりと貰っているのかと言えば、そんな事はまったくなく。っていうかよーそれでこんな遠くまで来ますね、好きねぇ。という位<判らねーよ

日当は大体 ラーメンに餃子に生ビール大で数百円おつりがくるかなぁ?くらいでしょうか。もうちょっと書く? 富士見パノラマのマーシャルバイトの日当のクォーター円とか書けばここを読んでいる人ならもうわかるはず。

交通費は実費で出るらしいが朝の6時とかから夕方の18時くらいまで拘束されてそんな金額なんだから本当、好きでなければヤれないね。 そんな好きな 前にモノが付く鴨試練けど 人が減ってきて人数的には結構きびしい数で回している感じですかね。 いつも同じような面子だしね。

そんなコミッセールになるには、っていうかやるには資格が要ります。 JCF公認MTB審判員という資格が。 これは1級から3級まであります。これ以外にUCIの公認審判員というのもあります。UCIのは自分もあまり知らないので JCFのお話という事で

これも選手のスポーツからエリートみたく順番に上っていくのでした。 まずは3級から。これはかなり簡単。選手経験があればね。 半日の講習会を受けて講習会の最後に筆記試験があります。これは講習会で話された一般的に知られているルールと落とし穴的な部分とかMTBならではの判断基準についてのジャッジの仕方みたいなのを理解していればさほど問題はないかと。 あとリザルト作成、っていうかXCのゼッケンがゴールを通過した順に読み上げられるのでそれを元に順位をつけてください(あ、リザルト作成でいっか)というのもあり。 とかここで書くと次回からやらないかな? たぶんちゃんと話さえ聞いていれば筆記試験とはいえ受かります。 合格通知がそのうちJCFから来るのでそうしたら各都道府県自転車競技連盟に役員登録をして3級公認審判員の誕生 となります。

でも、これだけでは実際問題、コミッセールでは使えません。新入社員を来た日にメインの仕事をさせるのと一緒ですね。 ポテンシャルがあれば出来ますが、かなり高くないと。実際にいらっしゃいます、3級でコミッセールをやっている?やったになるのかな? たしかトラックでは1級のバリバリな審判員という事です。 即戦力みたいでした

でも一応審判員なので日程とかの情報も前述のとおり審判員確保が重要なわけで選手より早めにお知らせとかが入ってきます。 結構このくらいは持っておくのも良い鴨試練

次回があれば2級のお話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/11

コミッセールへの道?

 ども、ども、ども。

エリートへとかはかなり多くの方々が書く事が出来るだろうけど、これはなかなか書ける人は多くは無いでしょう。多かったらJCFの某氏がめっちゃ楽だろうけど。

まず、コミッセールって何やる人?

簡単に言えば審判員です。野球でもサッカーでも居ますね。あんな感じの方々と思っていただければよろしいかと。 なので彼らに大会の運営についてあーだこーだ言ってもねぇ。審判に天然芝のグラウンドで試合をやらせろとか言わないでしょ? 

とは言ってもこの方々は口を挟む権利を持っているのであった。コースを見て、あれしろ、これしろとか言われたら運営側はその指示に従わなくてはならないのでした。 従わなくてそこが原因で何か有った時の責任は運営側にきてしまうからね。逆に指示とおりにやっておいて何かあったらそれは指示したコミッセールサイドの責任となるのであった。

監督会議に出ると解るがコミッセールというのは各J1以上の大会だと5名いる。 チーフ、アシスタントチーフ、スタート、ゴール、セクレタリーの役職の方々デス

スタートとゴールは大体想像できるかと。 スタートはスタートさせた後 こんどは足きりをやっていたりします。 一番楽なのは多分アシスタントチーフ・・・・とか書いて見る

チーフは暇なのがよいが何かあったらその都度判断を求められるので結構微妙。ほかのコミッセールはコミッセール間の無線しか持たないがチーフは別にコースマーシャルの無線とか運営サイド間の無線とかも持って全体の把握をしなくてはならないみたい。 まあ、やりたいといってもやらせてはくれない役職ですね。

セクレタリーはよー知らない。 文章とかの配布をしたりする人だと認識しているが。コミュニケの製作とかリザルトの製作とかね(原本のお話。その原本にオッケーがでると運営がコピーして貼り出したりするもよう)

レースをかなり近くからわがままに見ることが出来るし、その気になればコントロールも出来る。それがコミッセールですかね。 XCの周回数もコミッセールのミーティングで決まるのであった。(去年のさのさか、自分は6周でよくなくない?と言ったのにスルーされた。コミッセールではないからねぇ。権限がないのであった。ただの土方要員だし)

次回は何、書こう?<って続くのかよっ<っていうかネタ無さ杉

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/09

ツール・ド・コルス(WRC)

 ども、ども、ども。

某所に書いているなんぞこちらにも。おフランス大会です。 プライベーターっていうかセミワークスのS.ロウブ&Xsaraの組み合わせはターマック(舗装路)では最強ですね。 ゼッケンスポンサーな所はダメダメです。

Leg2 SS8 26.2km
1 D.Sordo 16'26"8
2 S.Loeb 17'01"5
3 M.Hirvonen 17'04"7
4 M.Gronholm 17'08"5
5 G.Galli 17'12"4
6 X.Pons 17'15"2
7 S.Sarrazin 17'21"3
7 M.Stohl 17'21"3
9 J.Kopecky 17'21"6
10 P.Solberg 17'25"7
11 C.Atkinson 17'26"2
12 A.Bengue 17'31"7
13 H.Rovanpera 18'05"4
ついにD.ソルドがM.ヒルボネンを捕らえて
最後のポディウム圏内に浮上
G.ガリが頑張っていますね。
H.ロバンペラはパニッツィの代わりにエントリー
40歳の誕生日を満喫するという訳にはいかなかったのかな?
SUBARUはS.サラザンが気を吐いているが納得のいくポジションではないでしょうね。

総合 Leg2終了まで
1 S.Loeb(Citroen Xsara WRC) 2h35'31"4
2 M.Gronholm(Ford Focus RS WRC) 2h36'11"1
3 D.Sordo(Citroen Xsara WRC) 2h37'09"8
4 M.Hirvonen(Ford Focus RS WRC) 2h37'15"5
5 A.Bengue(Peugeot 307 WRC) 2h37'59"8
6 X.Pons(Citroen Xsara WRC) 2h38'07"8
7 M.Stohl(Peugeot 307 WRC) 2h39'12"0
8 S.Sarrazin(Subaru Impreza WRC) 2h39'47"6
9 G.Galli(Peugeot 307 WRC) 2h40'01"7
10 J.Kopecky(Skoda Fabia WRC) 2h40'04"3
11 P.Solberg(Subaru Impreza WRC) 2h40'38"6
12 H.Rovanpera(Skoda Fabia WRC) 2h44'17"8
13 F.Duval(Skoda Fabia WRC) 2h48'31"9
14 C.Atkinson(Subaru Impreza WRC) 2h48'33"0

SS2とSS8をM.グロンホルムとD.ソルドに持っていかれましたが
トップの座を明け渡すことなく最終Leg3に望む S.ロウブ
マーカスのやる気っていうかフォーカスのセッティングが決まるかどうかにかかっていますかね。

|

2006/04/08

がーん

 ども、ども、ども。

WRCのツール・ド・コルスに出ていた 元DH世界チャンプN.ブイヨズが初日Leg1はトップカテゴリーで8位と健闘していたが2日目のLeg2 最初のSS5中盤でストップ。

http://www.e-wrc.jp/news/detail.php?id=638

がんばってとか書いたばかりなのにぃ<そのせいじゃねーの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今なら参加 可

 ども、ども、ども。

http://sports.yahoo.co.jp/

ここの右端で投票をやっている。 

今なら「鈴木でイメージするスポーツ選手という」という事だ。

この人も入っていたりして http://www.raizou.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

懐かしい名前発見

 ども、ども、ども。

今週末はツール・ド・コルス 正式にはラリー・ド・フランスか。

http://www.e-wrc.jp/news/index.html

ここのリザルトで表題の方を発見

Leg1終了時点で8位にいるN. VOUILLOZ しかもカテゴリーはA8だよ<トップカテゴリーです。 マシンはプジョー307という事です。プライベートチームが使える戦闘力のあるマシンですね。 約8700万円です(車体のみ)

さてさてどこまで頑張れるやら。とりあえずはかなり凄いっす。ワークスのSUBARU勢より上にいます。N. VOUILLOZがWRCを目指すみたいな事を言っていたらしいという事でかなりWRCに興味を持つようになったのでした。 もうDHはやっていないのね。 っていうかDHマシンの企画はどーなったのよ? と一ユーザーとして書いてみたりして  進行していても、もうどーでも良いけど

しかしペターとサラザン調子悪すぎ。 すでのお話になりませんっていう位置です@SUBARU

ちなみに去年はおフランスなS・ロウブが全SSトップタイムで圧倒的勝利を収めたこのイベント。 今年はLeg1で3つトップを取りましたが1つだけM・グロンホルムに取られました。

やはり06のフォーカスもターマックは強いねぇ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/06

J-sだと

 ども、ども、ども。

J-sだとテクニカルアシスタンスが可になる。 そんな全日本みたいな事ができる新しいランクのJCF公認大会が今年の開幕戦から、しかも去年はJ2だった八幡浜でやっちゃったりするなんて。

で、前から思ってはいるのだがテクニカルアシスタンス、つまりは技術支援はフィードの中でという事になっている。フィードに入る事を許可された人とチームメイトによる支援がね。

でも、そのゾーン以外での支援も可な場合がある。それはUCIのルールだとUCI MTBチームかナショナルチームのチームメイト間なら可。 

J-sはUCIの大会ではなくJCFの公認大会。で、JCFに登録しているトレードチームというのが去年からある。 ならばこのトレードチームメイト間でならJ-sの大会では技術支援はやってもよくなくない? 

っていうか世界戦とかで国別ランキングを上げて行かないとオリンピック代表枠を確保できなくなるという状況になりつつあるのならチームプレイも日ごろやっておいたほうが良さゲだと思うのだが。

MTBだとチームといってもエースとかアシストとかいう分けはないだろうけど、そんなのもぼちぼちやっていってもよいのでは。

ヨーロッパが仕切っているのだからロードみたくなるのは必至だ。 

とは言っても、外野の人間の戯言だね。 実際、該当する方々がどのように思うかだし。 そんな手も使えるようにして欲しいのか、別にどっちでも なの鴨試練し。当事者が言わないと始まらないだろーね。 意外とこんな事に気が付いて居ないという線も捨てきれないか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

コースセッターが

 ども、ども、ども。

ここの記事によると今年のワールドカップ第1戦では コースセッターが勝ってしまったみたいね。 JのXCだと最近のコースでトップエリートがセットしたというのは聞かないけどDHだと田沢湖が安達靖で全日本の時 勝ったよーな記憶が。 そんな感じですかね

コースセッターが走るのはどーなんでっしゃろかいな?自分は他人の走りが気になるから自分がセットしたのなら走らないかな。

そんな事を書くと益々誰もコースセットやらないようになったり  ってそんな影響力は無いか、ここは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

止めたらしい

 ども、ども、ども。

この前のF-1でHONDAのバトンがゴールライン手前でストップしたのは止めたのか止まったのか という話

止めたという事だ。 チームの代表のニック・フライがそう語ったそーだ。

ペナルティを食らって11番手以下からのスタートでは優勝は望めないとね。

って、あんたらの作戦では例えフロントローからスタートしたって勝てないよ。 とその記事を読んで突っ込んだのはきっと自分だけではないはず。 

チームの作戦と良いマシン良いドライバーがいれば最後尾からだって3位にまで上がれるってもんだ。 だいたい、今回だってトップスタートだったのになんで5番手争いなんてしているのさ? あのチームはダメダメやね。 バリチェロだって明らかに遅い放出した形になった佐藤琢磨に押さえ込まれちゃっていたし。

とりあえずはなんとかしてHONDAは琢磨を取り戻して欲しい所。 とモロ琢磨ファンになってみたりなんかしたりして

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

新型XTR

 ども、ども、ども。

本家 シマノのHPにも出ましたね>表題のヤツ

http://newxtr.shimano.com/publish/content/cycle/xtr/xtr/jp/jp.html

デザインよりも機能重視なもんできっと買うな。 とりあえず現在ダメになったRDとかぼちぼち末期な感じもあるシフターとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

止まった?止めた?

 ども、ども、ども。

F-1の第3戦オーストラリアのお話

ポールポジションからスタートしたHONDAのバトン。蒼いチャンプの引き立て役になって最後はその蒼いチャンプの同僚を後方に従えて最終周回の最終コーナーちょっと手前で白煙&ファイヤー。

フィジケラの車載カメラがめっちゃ怖い映像になっておったがや。抜きにかかろうとかなり接近している所に、おりゃっとオイルな白煙攻撃。それだけでもヤバイのにその後火炎放射だもんね。

まあ、そんな事は置いておいて表題に。

惰性でゴールラインまで行けそうだったがゴールラインは越えないでその手前でマシンが停止。 これは故意に止めたのか、止まってしまったのか。どっちでしょうかね?5位入賞のチャンスだったがフィジケラに行かれたから6位か。その後ろとは9秒くらい後方だったから惰性で行っても6位か悪くても7位は行けた鴨試練。

ポイントによって分配金が決まるはずなので故意にとは考え難い気もするが、ブローしたのがエンジンでゴールすると1エンジン2レースの規定により次のサンマリノではエンジン交換のペナルティを食らうのよね。今回奇数のレースだし、前回、バトンはエンジン交換していないから今回のエンジンは1レース目のヤツ。

でも、ゴールしなかったらエンジン交換をしてもペナルティを受けないみたいだったりする、今年のF-1のルール。 オーストラリアGP前にレッドブルのクルサードがこんな規則(エンジンブローしてゴールすると次のレースではペナルティ(予選順位10番降格)有りでゴールしなかったらペナルティなし)はおかしいと言っていたとか。

ま、ドライバーが判断する事ではなくて、きっとチームが無線で止めろとか言ったの鴨試練(故意という事なら)  あと150mとか言っていたから微妙というか 火を吹いたので速攻で止めたいと見の危険を考えたら普通は考えるか。 でもあの人達は普通ではないからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんで?


ども、ども、ども。

アサヒのドリンク H2OのCMで佐藤琢磨は分かる 確かに大学生までは自転車競技選手だったが 今 そこを使うのはどーなのよ?

ちょっとパッと見同じ感じのヘルメットでも買って通勤で使ってみるか

白っぽいのなら良いかな?

最近CMで自転車が良く出てくるがなんか今一歩な気がするのは自分だけ? もう少し自転車を脇にやった方がよくなくない?

琢磨がCMで乗っていたのはデローサのキングですか っていうあたりがねぇ フレームのトップチューブからダウンチューブを映してからボトルケージに入っているH2Oの500mlペットボトルドーン フレームに気を取られてしまってH2Oのインパクトが削られていると思う

一般の人はフレームに入っている名前とか気にならないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/01

今年で

ども、ども、ども。

愛知県自転車競技連盟選手登録 最後にして JCF公認大会から全面的に撤退 役員登録も更新していないから審判員もやれないし。っていうかやる気ないし

最後の年と言う事で7月末の大会にはめっちゃ久しぶりに選手として出てみようかなと っていうかそこを出ないと下手したら6月の富士見でラストシーズンが終わってしまうのよね

と 今年の抱負を書いてみたりなんかしたりして 4月1日だしね

|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »